神経系の健康

異常感覚

感覚異常とは何ですか 消化不良 はギリシャ語の単語「dis」に由来する名詞であり、これは「異常」および「審美」を意味し、「感覚」を意味します。 感覚異常の意味は「異常な感覚」です。 それはしばしば顕著な不快感を特徴とする触覚の異常です。 それはしばしば、不適切または不快として定義され、濡れ、かゆみ、感電、およびチクチクすると表現される、自発的または誘発的な痛みおよび/または感情を引き起こす。 知覚異常は、末梢神経系および中枢神経系の両方の神経系に影響を及ぼす病変によって引き起こされる。 様々な形態の知覚異常が、口、頭皮、皮膚および脚の最も頻繁なものを含むあらゆる身体部位の組織に影響を及ぼし得る。 場合によっては、それは皮下の酸感覚として説明されています。 この散漫な燃焼は、シナプスと神経周囲腔のアシドーシスの状態を明確に反映している可能性があります。 偶然ではないが、いくつかの神経損傷の存在下では、pHの低下と共に、特定のイオンチャネルが開く傾向がある。 疼痛受容体の自発的放電もまた、感覚異常の潜在的原因として関係している。 感覚異常のある患者は、皮膚や組織に明らかな損傷を与えないと痛みを感じることができなくなる可能性があります。 心理的障害に苦しむ人もいます。 感覚異常との暮らし 感覚異常に苦しんでいる患者は非常に痛みを伴う状態に耐えなければならないかもしれません。 焼けることによ

割れ目

割れ目とは何ですか? Schisi は SPACE と同義 です。 裂け目では、遺伝的に決定されるか、そうでなければなじみの影響を受ける組織亀裂のタイプを示すのが普通です。 胚発生中、割れの影響を受けたものは、2つの組織頭部の融合がないために中断および/または不完全に見える1つまたは複数の領域またはセグメントの連続性に達しない。 割れ目の種類 簡単に言えば、裂け目は関係する地域によって異なる一種の奇形です。 裂け目の最も一般的な形式は次のとおりです。 口唇裂 または 口唇裂 :より一般的に口唇裂と呼ばれる。 それは口の上部と鼻の下部の間のひびです。 Cheiloschisisは軽度の場合もあり、唇の軟部組織のみに影響を与える場合もあれば、より深刻で鼻腔および/または歯の骨/軟骨床に影響を及ぼす場合もあります。 重症のCheiloschisisはボーラスまたはその残留物の気道への通過を伴う嚥下の合併症を引き起こし、気管支肺炎のリスクを増加させる(特に乳児や幼児)。 口唇裂の治療は外科的なものであり、単純な顔面プラスチックから生後1〜2か月後の実際の顎顔面手術までの範囲です。 口蓋裂:それは口蓋の奇形です。 それは硬口蓋の前部の間隔として現れ、しばしば口唇裂と関連している。 最も深刻な形では、全体の軟口蓋、口蓋庫、口蓋の肺胞部分および口蓋垂自体が危険にさらされます。 口蓋裂は、消化ボーラ

失語症の要約:失語症の要約

失語症のまとめ 失語症の要約表を読むためにページをスクロールしなさい。 失語症 失語症:言語障害、通常は脳の病状による。 失語症は言葉と言葉の表現の両方を理解し使用する能力の変化を識別する 失語症:発生率 イタリアの失語症患者15万人 左半球の脳卒中患者の40%が罹患している 毎年2万件の新しい症例 失語症:その用語の語源と意味 文字通りの翻訳 :失語症はギリシア語、 ミューチズムを 意味するから派生した 意味 :失語症患者とは、必ずしも「話すことのない人」だけでなく、「話す能力を持たずに話す人」のことです。 失語症:概要 失語症はコミュニケーションの複数の側面に影響を及ぼします: ワードプロダクション 単語の構造化 言語の理解 言葉の繰り返し 単語や句を繰り返す能力 概念を表現する能力、話す能力、または書く能力 失語症:原因 ストローク(ストローク) 頭部外傷 多発性硬化症 アルツハイマー病 脳血管 血管損傷 出血または虚血 一過性虚血 脳梗塞 脳炎と感染症 部分てんかん発作 コミック片頭痛 脳腫瘍 失語症:失語症に関連する疾患 構音障害 失行 片麻痺 片麻痺 健忘症 半盲 意識喪失に関連したてんかん発作 動きの変化 失語症:協会 ALIAS、1996年頃イタリア生まれ フェデレーションA.IT.A、イタリア失語症者協会の頭字語 協会の一般的な目的 :情報を提供し、意識を高め、住民

失語症:治療

失語症:治療可能な病気? 幸いなことに、失語症は多くの患者にとって治癒可能な疾患です。しかし、以前の記事で見たように、言語障害は多くの面を通して起こり得るので、各個人は治療に対して主観的な方法で反応します。 結果として、失語症からの治癒のタイミングを正確に推定することは不可能である:治療サイクルの期間は、対象、患者の年齢、失語症を引き起こした原因および選択された治療選択肢に依存する。 この最後の記事は、運動失調症患者がこの疾患と穏やかな方法で共存するのを助けるために作成された、主なガイドラインに従った運動失調症治療の治療を目的としています。 治します 推測されるように、ほとんどの運動失調症は入院しています、運動失調それ自体のせいではなく、むしろそれを引き起こした原因のせいで(例:脳卒中や脳損傷)。 退院後、失語症患者はさらなる治療を必要とし、それは数週間、数ヶ月またはさらに重症度の場合には数年間続くことがある。 失語症のほとんどにおいて、運動失調症患者は、脳損傷直後の治療の最初の3ヶ月の間により速く治癒する。 失語症は、失語症の症状を修正または回復することを目的とした、 言語療法の サイクルを受けます。 症状の改善または疾患からの完全な回復の希望は、特定のリハビリ施設へのアクセスの可能性にもよります。 失語症患者は、ターゲットを絞った コミュニケーションリハビリテーション を通して治

無意味な手短に:agnosiaのまとめ

無知症:要約 ページを下にスクロールして、agnosiaの要約表を読みます。 失認 感覚的、触覚的、視覚的および/または音響的性質の感覚的知覚:対象は所与の対象物、香料、形態、人または実体を認識および識別することができない。 無知:その用語の語源 agnosiaという用語は、ギリシャ語の a-gnosis に由来し ます 。 無知:原因 無知は脳損傷に直接関係している アグノシア・アペルセッティバ 患者の知覚機能の障害: 形質転換性失語症 形態による無知 統合アグノシア 連想無知 患者は与えられた物に意味を関連付けることができません、それゆえこれは認識されていません:物を認識できない、その名前を覚えていない、正しい使い方 視覚失語症 視覚能力が損なわれたり損傷を受けたりすることはありませんが、いくつかの物体を認識することは不可能です。 相貌失認 地形アグノシア 色の無関心 聴覚または聴診 多かれ少なかれ強度の音や雑音を認識することは不可能 触覚異常(ステレオアグノジー) 触っても物体を認識できない: Amorfognosia 触覚による象徴 Ailognosia 視空間的無知 空間情報を完全に処理する際の明らかな問題 デジタル失語症 自分の手を識別、区別、または命名できない 一方的な空間無視 被験者は彼を取り囲む空間の一部を識別できません 無知:診断 目的: 患者への視覚的および/ま

失語症

失語症:定義 「失語症」という用語は、通常は脳の病理学に起因する、異質で多様な形の言語障害を含む。一般に、失語症は、単語と言葉の表現の両方を理解し使用する能力の変化を意味する。 言い換えれば、失語症患者は自分の考えを言葉に変えることができません。 失語症は、愚か者または認知症と見なされるべきではありません。失語症によって引き起こされる病変は、患者の知性も、感覚や感情を感じる能力も変えません。 失語症:発生率 残念なことに、失語症はわが国ではかなりありふれた疾患です。実際、医学統計によると、イタリアで失語症を持つ約15万人の患者が報告されています。 失語症は、小児および成人ではまれであるため、老年期の障害と見なすことができます。これは、左半球脳卒中患者の40%、皮質中心を含む脳の軌跡に影響を及ぼします(95%の被験者)。右利きおよび左利きの人々の60%)[www.msd-italia.itより]。 心配していることは、失語症患者が年々増加しているように見えるという事実です:実際、毎年、およそ2万人の新しいケースが発生します。 用語の意味 失語症という用語はギリシャ語の α'φασία から派生した もので、 これは ミューチズム を意味します:文字通りの翻訳は 完全な勃起 不全を示していますが、失語症はもちろんのこと無論 より正確には、失語症患者は常に「話さない人」として定義さ

失語症:分類

失語症:定義 失語症は、基本的には単語の構音と理解に関連する、言語障害に関する章のタイトルです。それは後天性障害です。つまり、言語を調整する脳半球に関連するトラウマの結果です。 序論の記事では失語症の全体像を分析しました:この議論では失語症の様々な形が調べられるでしょう。 一般分類 失語症形は多様であり、そしてスピーチの質/頻度、およびその結果としての症状の特徴に基づいて区別される。 AFASIE FLUENTI 時々、流れる失語症は非常に軽いので影響を受けた患者は彼自身の言語欠陥を理解しません:実際には、イントネーション、リズム、アクセントと文の持続時間はほとんど正常です。 流暢な失語症を特徴付けるものは、完全に生産的なスピーチではありません:実際には、影響を受けた被験者は毎分約20語しか実行できません。 さらに、彼らの言葉は完全な意味を欠いていて、一つの言葉を他の言葉にリンクさせるリンクを欠いていることが多い。 そのような状況では、私たちは 空の言葉 を話し ます 。 言い換えると、流暢な失語症は次のように分類されます。 伝導 失調症 または反復 失語症:失語症者は模倣によって言葉を繰り返すことを試みるが、彼は言葉を繰り返すことにおいて深刻な困難を提示する。 しかし、理解は妥協されません。 失語症(名義健忘または健忘失語) :意図的に物に名前を付けることができない。 この場合、失

失認

無知の定義 記憶障害および感覚系病変がない場合、無読症は感覚的識別的性質の触覚的、視覚的および/または聴覚的知覚である。 簡単に言えば、対象の知覚能力を変えずに、対象が与えられた対象、香水、形、人または実体を認識および識別することができないとき、私たちは無関心について話す。 アグノシアという用語はギリシャ語 の無 顎症から派生したもので、文字通り 知らないことを 意味します。 感覚系: 受容体から情報を受信して​​CNSに送信する機能を持っています。 感覚系は、運動制御、知覚、警戒状態の維持および内臓の正しい機能の調節の機能を保存する。 原因 大多数の場合、失語症は脳損傷に直接関係しています。外傷の重症度に応じて、失読症は多かれ少なかれ重症度になります。 驚くことではないが、実際には、私達は無知症の病巣の 起源 について話す:影響を受けた敏感さのタイプに基づいて、無知症は異なる名前によって特徴付けられる。 分類 上述したように、この疾患はそれらのうちの1つまたはすべてを攻撃する可能性があるため、単一形態のagnosiaは存在しない。 最初の一般分類では、知覚形式と連想形式を区別します。 食欲不振 :患者の知覚機能のみが危険にさらされます。 その特定の対象は、与えられた モダリティ (視覚的、触覚的、音響的)によると、知覚データの処理に関する欠陥のために正確にはよく認識されていない。

解離性健忘症

一般性 解離性健忘症 は、回顧的 記憶の喪失を 特徴とする障害であり、身体的および感情的観点からの邪魔な出来事に関連しています。 この症状は、精神的バランスを守るために無意識のうちに実行されている防御メカニズムを表しています。 誘因となる出来事の中には、直接的な被害を受けたまたは目撃された 外傷的または非常にストレスの多い 経験(性的虐待、殺人、自然災害、放棄、金銭的問題など)および深刻な内部紛争(犯罪行為を犯した罪)。 実際には、解離性健忘症とは、意識的な記憶喪失を回避しながら、精神的プロセス(通常は統合されている)によって一部の要素が「切断」されること(つまり経験した否定的な経験)を可能にする反応です。 したがって、忘れられた情報は意識、記憶または知覚にアクセスできないかもしれないが、それらは行動に影響を与え続け、フラッシュバックおよび生理学的な活動亢進の「原因不明の」状態を引き起こす。 解離性健忘症は、通常の物忘れによるものではありません。 診断は既往歴に基づいており、健忘症の他の原因(頭部外傷、神経障害など)を除外した後に策定されます。 治療は、時には催眠術または患者との相互作用を容易にし、問題に直面するように彼を刺激するいくつかの薬に関連して、心理療法によって表されます。 何 解離性健忘症は重要な自伝的情報 を覚えていないことであり 、しばしば外傷性または非常にストレスのか

失行

失行症とは何ですか? 運動性または感覚性の初歩的な神経障害がない場合、被験者が自発的な運動を行うことが明らかに困難であるか不可能であることを示す場合、 失行 症について話す。 より正確には、失行症は、計画および運動プログラミングの両方の観点から、運動障害に直接関連する神経心理学的障害である。言い換えれば、失行症患者は正確なジェスチャ( 意味のある運動 )を実行できないおよび/または無意味な自発的な動き。 それは指摘されるべきである:失行症は正確に運動の単純な調整不良を表現するのではなく、むしろ自発的運動の作成と計画に対する制御の欠如を表現する。 失行症を患っているほとんどの患者は自分の病気を知らない。私たちはアノソグノシア、患者自身の神経心理学的欠陥を認識できないことについて話す。 失行の意味 失語症 という用語はギリシャ語の a-praxia から派生したもので、接頭辞 a- は否定を示し、接尾辞 –praxìa はする ことを 意味し ます (文字通りしていない、できないこと)。 1870年代の初めに、医師Steinthalは最初にこの用語を作り出しましたが、何よりも失語症症候群と相関する間違った文脈でそれを挿入しました。 一世紀後、別の科学者がその用語を正しく再評価しました。それは現在の意味を持っていました: 自発的な運動を実行および/または制御することの不可能 。 原因 失行

失行症:分類

失行の定義 失行症、すなわち優れ たジェスチャーの獲得された障害は 、患者の運動能力が無傷のままであるにもかかわらず、ジェスチャーを調整することの不可能性または困難性を表している。 それは神経心理学的障害であり、一般に脳の外傷をもたらします:厳密に言えば、失行症がいかに複雑で不均一な障害であるかは理解できます。 この記事では、運動ジェスチャーの調整/精緻化のレベルに基づいて分類された、失行症のさまざまな形態を分析します。 失行症および関連疾患 様々な形態の失行症の分類を進める前に、前提が必要です。 失行症の発生率は、脳障害者ではかなりの数です。実際、左大脳半球に対する病変を有する患者の30%が、多少多かれ少なかれ深刻な失行症を患っていることが観察されています。 序論の記事で分析したように、ほとんどの失行症の患者は彼らの赤字に気づいておらず、彼らは正常知能であり、彼らは無能ではありません、そして意志と運動能力の両方は変わらないままです。 過去には、他の運動障害に直接関連した病理学的枠組みの中で失行症を検討することが慣習的でした。失行症は他者と 関連 して、それ自体で障害として理解されるので、現在この仮説は棄却されています運動障害、 直接関係 はありません。 分類 第一に、失行症は、患部によって区別される:四肢の失語症(イデオモータおよび思想的)、経口(建設的および頬顔面)および体幹の失

一言で言えば失行

失行症の要約表を読むためにページをスクロールしなさい。 失行症:定義 明らかな困難または自発的な運動を行うことができない:失行症は、計画と運動プログラミングの両方の観点から、運動障害に直接関連する神経心理学的障害です。 失行症:用語と意味の分析 Aprassia はギリシャ語の a- praxìaに 由来し ます 。 接頭辞a - 拒否を示します 接尾辞 –praxìa はする ことを 意味し ます →文字通りしていない、できない 失語症と一般的な特徴 失行症のほとんどの患者は、自分の障害に気づいておらず、正常な知能を持っていて、身体障害者ではありません。そして、意志も運動能力も変化していません。 失行症:原因と臨床的証拠 脳血管障害:血栓性または塞栓性梗塞、長期血液透析、脳卒中および脳腫瘍 付随する心理学的疾患後の失行の悪化の可能性 アルツハイマー病と神経変性疾患の間の密接な相関 脳梁の損傷 左大脳半球を損傷した患者の30%も何らかの形の失行症を患っている 失行症:解剖学的標的 失行症は主に腕の筋肉に影響を与えますが、脚や顔の筋肉はほとんど影響を受けません。 体幹の失行症は議論の余地があります 失行症の臨床的側面(デザインエラー) 運動の完了に不可欠な要素が欠けている ジェスチャーの奇妙な実現 患者は与えられたジェスチャーを繰り返し続ける 時間的調整 対象=手 ある動きを別の動きに

運動失調

運動失調症とは何ですか? 自発的な運動を行うことを困難にしている筋肉協調の欠如における一貫した無秩序 :これはAISA、運動失調症候群との戦いのためのイタリアの協会によって指定された 運動失調症 の定義です。 運動異常症の中に挿入された運動失調症は、ジストニアと一緒に、神経系を含む障害であり、それは、運動筋の協調のゆるやかではあるが喪失を特徴とする。 言い換えれば、運動失調症は、筋肉痛にしばしば関連する運動の進行不能を引き起こす。 より良いアイデアを与えるために、例を見ましょう。 軽度の運動失調症は、酔っ払いの歩行に匹敵します。 実際には、アルコール中毒の悩みの対象は明らかに不確かな関係を持っています:彼は互いに異なる幅で、異なるステップで進み、歩容はまっすぐではなく、中毒の状態はそれを困難にします立位を維持する。 運動失調症に関するその他の記事: 運動失調症:分類 運動失調症:症状と原因 運動失調症:診断と治療 フリードライヒ失調症 小脳性運動失調症 シャルコーマリーの歯の失調 運動失調症の概要:運動失調症の要約 一般性 運動失調症の被験者は、振幅の減少または過度の動きを示し、歩行は安定していませんが、不確実で揺れます。 さらに、体幹と頭の間、体幹と腕の間、あるいは脚と体幹の間で運動間の調整不良が生じる。これらの特徴のために、運動失調症患者は転倒する傾向がある。 運動失調症候群では

小脳性運動失調症

小脳性運動失調症:定義 小脳性運動失調症は、正確な小脳性症候群を識別する不均一な疾患群を表す:すべての運動失調症、フレーム神経変性障害と同様に、下肢および上肢の進行性運動不調和だけでなく不随意眼球運動にも関与する小脳形態(動眼症の欠陥)と単語(構音障害)を明瞭に表現することの困難。 小脳性運動失調症は、常染色体優性、常染色体劣性、またはX連鎖的に遺伝的に伝染する。 それらは、突然変異遺伝子、罹患染色体遺伝子座、またはやはり、運動失調症候群の遺伝的伝達様式に基づいて分類される。 発生 医療統計は小脳性運動失調症の発生率に関する興味深いデータを報告しています。 支配的な伝染形態を劣性のものと区別すると、後者がはるかに頻繁に見られます。 実際、常染色体優性小脳性運動失調症は、健康な個人10万人当たり0.8〜3.5人の対象に影響を与えますが、常染色体劣性小脳性運動失調症は100, 000人につき約7症例で発生します。 2つの形態の遺伝的伝達の間の別の違いは、疾患の発症である:常染色体優性形態は、遅く、約30〜50年、さらには60年さえも現れる傾向がある。 常染色体劣性感染を伴う小脳性運動失調症は、代わりに約20歳で始まる傾向があります。 症状 この病気は、歩行障害と体位障害から始まり、関節の動きを調整するのが困難になります。 その後、小脳性運動失調症はネガティブな意味で発症し、視神経萎縮、眼

フリードライヒ失調症

フリードライヒ失調症の定義 Friedreichの運動失調症は、1863年にこの運動障害の症状を説明したNikolaus Friedreichにその名前が由来しています。 ジスキネジアの中でも、フリードライヒ運動失調症は確かに最も有名な退行性運動障害、中枢神経系および末梢神経系への進行性かつ不可避的損傷の原因である常染色体劣性感染を伴う遺伝的異常を表している。 発生 すでに述べたように、フリードライヒ病は確かに最も一般的な遺伝性運動失調症の形態です。失調症症候群の半分がフリードライヒ運動失調症と診断されていると考えてください。 医療統計によると、この運動失調症からの10万人の病気の人々のうち、1, 200人がイタリア人です。 ほとんどの場合、フリードライヒ失調症は乳児期、特に6歳から15歳の子供に始まります。 いくつかのケースでは、運動失調症候群は20歳(発症後)の後に発生します。 遺伝的伝達 常染色体劣性感染症の病理学であることから、両親は臨床的に健康な状態で、母親と父親の両方が健康な保因者である場合、Friedreich運動失調症遺伝子を子孫に感染させることができます。 4人の子供ごと)。 現在、フリードライヒ運動失調症は分子遺伝学的検査によって診断されており、これは血液試料を分析することによって可能である。 1996年頃、フリードライヒ運動失調症の原因となる遺伝子が単離されたた

運動失調症:分類

運動失調症:定義 ギリシャの運動失調症(無秩序、調整不能)から、運動失調症は、随意運動を行うことの困難さと関連した、進行性で不可避的な筋肉制御の喪失を特徴とする運動失調症候群の主要症状である:運動失調症は一連の最終産物を表す中枢神経系に影響を与える遺伝的障害または続発性病変の。 運動失調症候群では、麻痺がないと筋肉の協調不良が起こることを忘れないでください。 この記事は運動失調症の様々な形態の分類を専門としていますが、次の原因は引き金となる原因と完全な症状の写真です。 分類 運動失調の多くの形態があり、罹患した解剖学的領域、原因、発症年齢および特徴に従って分類される。 運動失調症の一般的な分類 まず第一に、それは最初の一般的な分類を引き出すことが必要です:運動失調症は体幹と手足の両方、そして行進に影響を及ぼします。 前者の 場合、個々の四肢の評価を通して、患者の姿勢のみに焦点を当てることによって 四肢運動失調症 が診断されます。 運動失調の行進は 、代わりに、運動中にのみ現れる[ ネッターの神経学 から、カールE.ミスリス、トーマスC。ヘッドによる]。 運動失調症の形態を分類するための別の有用な基準は、筋力低下、運動失調の可能性のある原因である筋力の低下である。運動調節の欠如の原因である低緊張症は近位筋にのみ影響を及ぼすか小脳性運動失調の原因であり得る運動感覚の喪失(体節の動きをコン

シャルコーマリーの歯の失調

シャルコーマリーの歯の失調症:定義 Charcot-Marie Toothの運動失調症は、家族性の遺伝性遺伝性疾患の1つです。最初にこの症候群が神経に影響を及ぼし、次に誘導によって筋肉や他の部位の身体にも損傷を与えます。 この運動失調症は、19世紀末ごろにはじめて発見された最初の研究者ではないが、この運動失調症を最初に詳細に述べた3人の神経科医、Jean-Martin Charcot、Pierre Marie、Howard Henry Toothに因んで名付けられた。 現在、残念ながら、科学的進歩にもかかわらず、完全に根本的な治療法はまだありません。 しかしながら、医療専門家はこの問題にますます敏感になっているようであり、治療のための多くの可能性が仮定されており、それはまだ試験されている。 発生 イタリアの州では、シャルコーマリートゥース運動失調症はまれな疾患と考えられていますが、それは最も一般的な遺伝性神経性運動失調症であり、健康な10万人あたり36人の被験者が罹患しています。 数年前までは、この疾患は2500人に1人の対象に影響を与えると考えられていました。現在、この関係は否定されているようです。 しかし、運動失調症の徴候的な異質性を考えると、確立され証明された疫学的データはありません。実際、同じ家族核内でさえ、シャルコー - マリー - トゥース運動失調症は異なる症状で現れます

運動失調症:症状と原因

運動失調症:はじめに 文字通りの翻訳から、用語「運動失調」は、秩序および筋肉協調が欠如している、障害ならびに無秩序な状態を示す。 運動制御の欠如は、多くの複雑な病状の兆候である:何らかの形の運動失調症を含む、遺伝的伝染を伴う約300の病理学的形態が確認されたと考えることで十分である。 しかしながら、時には運動失調症が疾患の唯一の前駆症状のままである(典型的な遺伝型の)。 この記事では、症状の全体像をたどって運動失調症を引き起こす主な原因を分析します。 予備的遺伝的要件:理解するために 運動失調症症候群の大多数は遺伝的に感染しています。つまり、親は自分の病気を子供に感染させています。 しかし、運動失調症は2つの方法で受け継がれます: 常染色体優性感染:性別にかかわらず、突然変異した遺伝子を子供に渡すには、片方の親だけが優性運動失調症に罹患していれば十分です。 常染色体劣性遺伝性感染症(例、フリードライヒ運動失調症): 両方の 親が劣性遺伝子の健常な保因者でない場合に限り、 両方の 親から異常な遺伝子のコピーを受け継いだ子孫が罹患する。運動失調。 症状 発症症状は運動失調症の重症度、そして何よりも誘発原因に左右されるため、運動失調症候群がすべて同じ症状で始まるわけではありません。 遺伝性運動失調症の初期症状は後天性型とは異なり、結果として二次的な病状をもたらします。 しかしながら、様々な

運動失調症の概要:運動失調症の要約

運動失調症に関する要約表を読むためにページをスクロールしなさい。 運動失調 筋肉の協調の欠如による一貫した障害。これは自発的な運動を行うことを困難にします。運動失調症は進行性の運動不能を引き起こします。 運動失調症の一般的な特徴 幅が狭くなったり大きすぎたりする動き 不安定で不確かで不安定な歩行 拮抗筋束の同時けいれんと収縮 小脳、脊髄および末梢神経の損傷 運動失調症の変性 発症:進行性変性を伴う運動失調症状はほとんどない 進化:足と腕の運動失調が顕著 変性:発声の障害および発話、筋肉、聴覚および視覚の明瞭度 運動失調症および運動失調症候群 運動失調症候群:無効化する遺伝的運動疾患のセット 運動失調症:運動失調症候群の主要症状 運動失調症:発生率 イタリア:運動失調症を患う約5, 000人 10万人の健康な人当たりに罹患している被験者 運動失調症および関連疾患 失禁、嚥下困難、眼球運動の調整不良および緩慢性、その他の頭部の無制御および不随意運動、体幹および下肢/上肢運動、記憶喪失、心疾患および気管支肺合併症 運動失調症の一般的な分類 四肢運動失調症:静止した姿勢で患者に診断される 運動失調症マーチ:運動中に登場 患部の解剖学的部位による運動失調症の分類 小脳性運動失調症 運動失調症 敏感な運動失調 迷路失調症 遺伝性および続発性運動失調症 続発性運動失調症:外傷、ウイルス感染、薬物ま

上腕痛(頸部神経障害)

上腕痛:キーポイント 用語「上腕痛」は、頸部の脊髄神経の圧挫または刺激による、腕の高さにおける痛みを伴う状態を定義する。 原因 上腕痛は、椎間関節の変性変化、頸椎関節症、椎間板ヘルニア、進行性椎間板変性、脊椎症、脊椎狭窄症および脊椎腫瘍などの多数の障害および疾患の特徴的または二次症状である。 症状 腕に沿って広がる頸部の痛みに加えて、上腕痛を患う患者は、肩甲骨および頸部の痛み、腕の筋力の低下および喪失、チクチクすること、ならびに手および腕への電気ショックの知覚を訴える。 診断 上腕痛の場合、患者は、障害の原因を追跡するのに有用な一連の診断検査、すなわち病歴、医学的観察、画像検査(CTスキャン、磁気共鳴)、筋電図検査を受けるように勧められる。 治療 他の治療法よりもむしろ治療法の選択は、上腕痛の原因である原因によって異なります。 治療法の選択肢には、椎間板切除術、有孔切開術、椎弓切除術、および頸椎椎間板置換術があります。 軽度の症例では、上腕痛は単に鎮痛薬と抗炎症薬を服用することで軽減できます。 定義 上腕 痛および 頸部神経根症 という用語は、頸部の脊髄神経の圧挫または刺激に起因して、腕の高さで痛みを伴う状態を特定するために医療分野で使用される同義語である。 上腕痛の影響を最も受ける神経根は、C7椎骨(症例の60%)およびC6(25%)に由来します。 若い人たちの間で、上腕痛はしばし

緊張性頭痛

一般性 緊張性頭痛 は 頭痛 の最も一般的な形態であり、そして比較的、痛みが最も少ないです。 この障害は主に 首や肩の筋肉 の 不随意で継続的な収縮 に依存しており、これは疲労や緊張に関連しています。 緊張性頭痛は女性の性別においてより一般的であり、それは主に 誤った位置に 座って いる かまたは ストレスを蓄積する ことに多くの時間を費やす人々に影響を与えます。 また、悪い歯の咬合、安静の欠如、頸部痛および眼精疲労(視覚疲労)も緊張型頭痛の出現の一因となり得る。 この障害は、うつ病や不安にも関連している可能性があります。現在、筋肉の緊張とは関係のない頭痛の一形態が認識されているため、おそらく 心理的原因 のみ と 考えられます。 緊張性頭痛はしばしばそれに苦しむ傾向がある同じ人に様々な特性を持っています。 しかしながら、多くの場合、この形態の頭痛は、軽度または中程度の強度の持続性疼痛を引き起こし、それは後頭部領域、すなわち襟首の上の頭蓋骨の後部に局在する。 一方、一部の被験者では、収縮性疼痛(「頭の中の円」と呼ばれることが多い)が主に目や寺院のレベル(前頭部)に集中するか、頭全体に広がっています。 緊張性頭痛はしばしば両側性であり、すなわちそれは左右両側に影響を与える。 疼痛発作は30分から5-7日続くことがあります。 緊張性頭痛は、偶発的または慢性的(発作が2〜3日ごとに起こる場

痙攣

痙攣の定義 予測できないことが多いのですが、痙攣は自発的な筋肉組織の一連の不随意で突然の制御されていない動きから成り、動揺や体のけいれんの原因となります。 発作の間、被害者の筋肉は、症状の重症度に応じて様々な時間にわたって収縮と収縮を繰り返します。 病気というよりは、けいれんは新生児や子供にはかなり頻繁に見られる症状で、発熱やウイルス性疾患と関連してしばしば現れます。 発作は、低血糖、低カルシウム血症(総血清カルシウム<9ml / dL)、低ナトリウム血症(ナトリウム血症<135mmol / L)、ピリドキシン依存性*などの一過性または恒久的な代謝状態、あるいは多かれ少なかれ深刻な病態によっても引き起こされます。 重症度の状態では、発作は進行中の脳の苦しみの表現です。 *ピリドキシン依存性発作:常染色体優性遺伝的伝染病。 発症はしばしば新生児の年齢と一致します:子供は抗てんかん薬または抗けいれん薬に対する一定の耐性を発達させながら多巣性の間代性の危機を示します。 この疾患は変性して、精神発達障害および運動発達障害に関連するてんかん性脳症を誘発する可能性がある。 いくつかの薬(例、神経弛緩薬)の最も直接的な副作用も深刻な発作を引き起こす可能性があることを忘れないでください。 臨床的には、けいれんはさまざまな方法で顕在化することがあります。 しかし、ほとんどの場合、発作は一般

痙攣:分類、診断および治療

痙攣とは 痙攣は、自発的な骨格筋の不随意で突然のそして完全に制御されていない収縮を示し、そして 発作性神経過同期の 運動変異体を構成する。 序論の記事で分析されているように、痙攣は全身的/代謝的要因(高発熱、低血糖、悪性高血圧、低マグネシウム血症、低酸素、薬物中毒など)、時々または再発性の発作、その他多くの病気によって大きく影響されます。脳奇形、CNS感染、脳腫瘍など) 痙攣性の危機に伴う症状は複数あり、原因によって区別されます。 この最後の記事では、さまざまな種類の痙攣、可能性のある診断調査、そして現在利用可能な治療法に注目が集まっています。 分類 さまざまな形態の痙攣の分類は、主な症状に基づいて行うことができます。 強直性 フィット または強直性発作:痙攣の影響を受けた患者は意識を失い、地面に倒れ、硬直し、そしてチアノーゼ。 この段階では、呼吸困難(呼吸困難)や無呼吸(呼吸不全)を観察することが可能です。 一般に、この段階では、患者は特定の姿勢をとります。首がアーチ状になり、上肢が伸び過ぎるか、または屈曲し、下肢が常に過敏症です。 緊張性発作は1分以内続くことが多い:この段階は非常に短いが非常に危険である。 間欠 性または間代性発作:これらの痙攣は不随意の周期的で激しい収縮であり、口の中にバリまたは泡があること、チアノーゼ、糞便および尿の喪失を特徴とすることが多い。 通常、このフ

熱性けいれん

定義 中枢神経系に影響を与える感染症がない場合、熱性けいれんは6ヶ月から6歳の間の子供の典型的なけいれん性の症状の概要を示します。 熱性病状の間の発作は、小児年齢の最も一般的な神経学的障害の1つのようです。 そのように定義されるために、熱性けいれんは、脳外病理学の間に(少なくとも外観上は)高熱状態(発熱> 38℃*)の状態によって引き起こされなければならない。 * 38℃:我々が言及するおおよその最低温度上昇は、熱性けいれんの可能性のある徴候を仮定する。 私たちが議論している最低気温上昇は、測定方法、統計学、そして科学社会に基づいて時間とともに変化する(そして変化する)ことを指摘するのは正しいことです。 熱性けいれんの文脈では、38℃の値は アメリカ小児科学会 によって確立された最低体温値を表し ます。 熱性けいれんの最中に子供を観察することは、多くの母親にとってしばしば憂慮すべき衝撃的なことです。 熱性けいれん中に子供を見ている多くの女性は、十分な近似で痙攣を評価することができません。同様の状況では、数秒でさえ数分のように見えるかもしれません。 このパラメータは、私たちが異議を唱える過程で見るように、子供の神経活動の妥協の可能性を仮定するために基本的なものです。 ヨーロッパの子供たちの2〜4%が発熱性痙攣の一種に罹患していると推定されており、そのピーク発生率は18ヶ月頃に観察されま

熱性痙攣:症状、診断、治療

熱いけいれん:定義 単一の臨床的実体よりも多く、熱性痙攣は、異なるタイプの単純発作および/またはてんかん発作をまとめる症候群の変異型を構成する。 熱性けいれんに冒された子供がてんかんを発症するというオッズにもかかわらず、かなり乏しいのですが、医学的助言、そしておそらく入院が常に不可欠です。 今日、診断および治療技術の改善のおかげで、熱性けいれんは良性の形態と考えられなければならず、それはてんかんとはよく区別されます。 熱性けいれんの1つのエピソード(またはさらに多くの攻撃が時間を隔てて行われる)の結果はほとんどない、ほとんどゼロであることを再度指摘する価値があります。 実際、中枢神経系の変化がない場合、単純な熱性けいれんは死亡、脳損傷または精神遅滞のリスクを増大させません。 この記事では、熱性発作は症状、診断および治療の観点から分析されています。 もっと詳しく見てみましょう。 原因 熱性けいれんの標的は、生後6ヶ月から6歳までの健康な子供たちです。ただし、統計調査では、幼児や同じ障害を患っている年長の子供も記録されています。 熱性けいれんの大多数は突然の発熱(> 38-38.5°C)の24時間以内に発生します。 耳の病気(例、中耳炎)、およびウイルス性または細菌性の病因(例、風疹、第六の病気、インフルエンザなど)を伴うあらゆる病状は、熱性けいれんの危険に子供をさらすことがありま

ジスキネジアの概要:ジスキネジアの概要

ジスキネジアの要約表を読むためにページをスクロールしなさい 無秩序 ジスキネジア:運動障害の一部です。 それは筋肉組織の不随意的な多動または低運動からなる。 ジスキネジアは、筋肉の動きを制御する上でかなりの困難を意味します。 ジスキネジアの病因学的枠組み 外傷性事象、自己免疫疾患、脳循環の虚血性病態、CNS感染症、末梢神経障害および変性遺伝性疾患、または薬物の不適切な使用によって引き起こされる ジスキネジアとDIMD DIMD:薬理学的専門分野によって誘発される運動障害の不均一群 ジストニア:不随意の筋肉収縮、時間の経過とともに長引く、反復的で周期的なジェスチャーを特徴とする アカシジア:内部震え 遅発性ジスキネジア:抗精神病薬 - 神経弛緩薬および制吐剤の投与に典型的な側副ジスキネジア。 不随意の多動運動、硬直性、筋緊張、運動緩慢、ステレオタイプ、頻回および周期的な運動を特徴とする 懸濁液からの遅発性ジスキネジア:運動過剰運動は薬物療法の中断をもたらす 抗精神病薬の作用機序 抗精神病物質は、抗ドーパミン作用を発揮します:抗精神病薬は、ドーパミン(運動制御の脳のメカニズムにも関与する神経伝達物質)のD2受容体を遮断します ジスキネジアの一般分類 アテトーゼ:不随意運動は特に遅い 朝鮮民主主義人民共和国:動きは急速、継続的かつ制御不能 けいれん:動きは不本意で痛みを伴うものであり、その

ジスキネジア

ジスキネジアとは何ですか? 運動障害の中でも、ジスキネジアは間違いなく重要な役割を果たしています。この用語は、筋肉組織の不随意運動を指し、場合によっては多動性であり、他の場合は低運動性です。 不随意で制御されない自発的な運動の減少または増加、あるいは明らかな筋肉の困難があるすべての病状において、ジスキネジアを正しく話すことができます。 CNS(脊髄および脳を含む中枢神経系)、筋肉または神経の損傷または機能不全があるときはいつでも、ジスキネジアの発症の可能性が高まる。 言い換えれば、ジスキネジアは筋肉の動きを制御する上でかなりの困難を意味します。 しかしながら、ジスキネジアという用語は、特定の中空器官や内臓の動きを管理することの難しさを表現するために内科でも使用されているため、神経領域内にある障害(自発的筋肉組織の習熟の欠如)だけを指すものではありません。 原因 これらの運動障害の非常に広範な区別を考慮して、起因する原因を特定することは必ずしも単純かつ即時的ではない。 しかしながら、ジスキネジアを引き起こす最も一般的な病理病理学的因子は、外傷性事象、自己免疫疾患、脳循環の虚血性病態、CNS感染、末梢神経に影響を及ぼす疾患および変性遺伝性疾患、または薬物の不適切な使用によって引き起こされる。 (DIMD、 薬物誘発性運動障害の 英語の頭字語)。 ジスキネジアとDIMD DIMDは、薬理学

ジスキネジア:臨床像と危険因子

ジスキネジアの定義 ジスキネジアは、動的変化の見出しです。導入療法では、さまざまな種類のジスキネジアと運動障害を引き起こす原因を調べました。 この短い記事では、一般的な臨床像、したがって運動異常によって誘発された変化した動的症状、およびそれらが発症する危険因子について分析します。 用語の分析 「ジスキネジア」という用語は非常に広い範囲の動きを含むため、時には不適切に使用されており、しばしば 過運動症 と同等の表現として使用されています。 厳密な意味でのジスキネジアは、錐体外路系(運動球のレベルで作用する経路および神経中枢のグループ)の機能不全のみを指すので、実際には、障害の診断に細心の注意を払う必要がある。 これに関して、罹患患者の正確な臨床 - 症候学的プロフィールを追跡し、独特の病理学または症候群におけるジスキネジアを組み立てることが不可欠である。 症状 運動の2つのタイプを区別する必要があります:運動過剰(異常な、不随意タイプとして定義され、常同的なけいれんを伴う)と運動低下(筋肉の緊張と硬直を特徴とし、運動活動はかなり遅くなります)。 不随意の運動障害性運動は、特に舌、口、および顔を含みます。 しかし、体幹、手足は常に除外されるわけではありません。 一般に、内部運動異常症とは異なり、外部の運動学的症状は激しい肉体的痛みを引き起こさない。 ただし、これらが心理社会的問題を引き起

ジストニアの概要:ジストニアの概要

ジストニアに関する要約表を読むためにページをスクロールしてください。 ジストニア ジスキネジアとして知られている運動障害の中でリストされている、ジストニアは不随意の筋肉収縮とけいれんを引き起こします。 動きの特徴 ジストニア 異常な体位 不快でねじれた姿勢 異常な動き、しばしば痛みを伴い繰り返し ディストニックな位置の可逆性:いつもすぐにできるわけではない ジストニア:発生率 1988年:最初の疫学研究 健常者100万人に対して300人の患者。 数年後 イギリスの100万人あたり(健康な被験者のうち)110人の患者 日本の健康人の百万当たり60ジストニック ジストニアは、100万人の健康な被験者につき370人の被験者に見られます。 アメリカ:ジストニアの影響を受けた30万人 イタリア20, 000人のジストニック患者 限局性ジストニック形態の標的は成人である 6〜10歳の子供は全身性ジストニアのリスクが高い それはパーキンソン病と振戦の後、最も一般的な運動障害の一つです。 珪藻:ターゲット 理想的には、ジストニアは、あらゆる年齢、あらゆる人種の男性、女性、および子供に区別なく影響を及ぼし得る。 人間の場合:ジストニアの影響を最も受けているのは足と腕です いくつかのジストニック形態における女性の最低有病率 ジストニア:一般的な特徴 患者の認知にほとんど影響を与えない慢性病理 予想寿命が

ジストニア:分類

ジストニアの定義 ジストニアは不幸なことに老年期に悪化する運命にある運動筋障害の不均一なグループを構成します。 筋肉組織のけいれんおよび不本意な収縮は、対象に、不快な、異常な、および奇妙な位置、ならびに姿勢、時には痛みを伴うねじれを起こさせる。 現在診断されているジストニアの様々なタイプを考えると、この記事はジストニックフォームの分類に専ら捧げられるでしょう。 一般分類 ジストニアは3つの大きなグループに分類することができ、各グループはさらに下の表にまとめられています*。 ジストニアは以下に従ってカタログ化されています。 局在化、すなわち、ジストニアの影響を受けているさまざまな解剖学的部位の関心に基づく(限局性ジストニア) 運動障害の発症年齢(全身性ジストニア) 原因(二次性ジストニア) 巣状ジストニア** 一般化ジストニア 続発性ジストニア 上肢のジストニア(例:スクライブのけいれん、ミュージシャンのジストニア) 頸部ジストニア(または痙攣性斜頸) 喉頭ジストニア 痙攣性発声障害 片側症(体の一部にのみ作用する) 小児ジストニア 発作性ジストニア(または神経栄養性) 特発性(または原発性)ジストニア:散発性および家族性の形態 退行性、代謝性または新生物に起因する症候性(または続発性)ジストニア 医原性ジストニア(薬から) 巣状ジストニア 我々は様々なタイプの局所性ジストニアを分類し

ジストニア

ジストニアとは何ですか? 運動障害(ジスキネジアとして知られる)の中で、ジストニアは際立って、不本意な筋肉収縮とけいれんの原因となります。そして、それは対象に異常な体位を取らせるか、または異常で、しばしば痛みを伴う運動をさせます。 失調症患者は再び自然な体位をとることができないか、そうでなければ、異常な努力と時には誇張された無駄な身体的苦痛を用いて、異常な体位を修正することができるであろう。 不本意な筋肉収縮は、身体に繰り返しの動きと不快でねじれた姿勢を強いる。 時にはいくつかの深刻な病理学的形態の典型的な、約13の難治性形態がある。 残念なことに、ほとんどのジストニアでは、根本的な治療法はありません。 しかしながら、改善は特定の薬理学的専門分野の管理を通して達成することができ、それは我々が議論の過程で分析するであろう。 発生 数年前から、ジストニアは多くの科学者にとって興味深いものでした。最初の疫学研究は1988年にさかのぼり、数十年前にロチェスターのメイヨークリニックによって決定されたジストニア認識のガイドラインに従って行われました。 当時、ジストニアは、100万人の健康な被験者あたり300人の病気の人々を記録しました。 数年後、統計によれば、明らかに少ない数の失調症患者が報告された(イギリスでは110万人、日本では60人)。 おそらく、統計的な違いは、病気の理想的な回帰によるも

神経栄養性ジストニア(発作性)

神経栄養性ジストニア 全身性ジストニアの中でも、筋収縮および錐体外路系の不随意痙攣を特徴とする、いくつかの独特の神経症候群が際立っています。問題の障害は神経栄養性、またはより一般的には発作性ジストニアとして知られています。 この群の単なる「ジストニア」として考えると、このグループの運動障害には無気力、舞踏病、弾道および小脳微動、筋系の不随意で制御されない運動がジスキネジアの範疇に入ることを考えると時には軽減的であり得る。 神経栄養型は、緊張性発作性運動が他の型のジストニアより頻度が低いという事実によって区別されるが、強い症状および突然のてんかん発作も症状の中で言及されている。 これに関して、発作性ジストニアは当初、心因性疾患、またはやはりてんかん型の錐体外路系と考えられていた。 発生 この病気の希少性を考えると、特定の疫学的データはまだ不足しています。 しかしながら、発作性ジストニアは、一般的なジストニアの中にあり、乳児のものと一緒になっており、科学的研究に強い刺激を与えています。 科学者たちは、有効な解決法を見つけるために、神経栄養性ジストニアの発現に関与する遺伝子を探そうとしています。 [www.distonia.itより] 分類 神経栄養性ジストニアは2つの大きなグループに分類されます:それらは発作性 症候 性ジストニアと 原始 発作性ジストニアです。 次に、前述の各カテゴリは

フォーカルジストニア

フォーカルジストニアの定義 限局性ジストニアは、成人期の典型的な自発的筋肉組織の変化を識別します。けいれん、収縮および一部の筋肉群の硬化、さらに異常および異常な姿勢、ねじれおよび身体部位の反復運動ジストニアの病理写真。 特に、焦点のあるものは、縮退して実際の固定された位置および不動の位置を引き起こすまでの、非常に長期間の動き、不整脈によって特徴付けられる。 罹患した対象は、正しい位置を回復しようとして、自発的な筋肉組織のレベルで拮抗作用を及ぼすことによって状態を悪化させる傾向があります。 分類 これまで見てきたように、限局性ジストニアの発症は成人期を象徴するものであり、ほとんどの場合、疾患は時間の経過とともに退行することはなく(したがって、例えば、ディストニック乳児型とは異なり)、それは残る傾向がある。原始的に影響を受けるサイトに限定されます。 最も有名な巣状ジストニアの中で、我々は思い出します: 頸部フォーカルジストニア 眼瞼けいれん 限局性喉頭ジストニア 上肢の限局性ジストニア(例:筆記者のけいれんおよびミュージシャンのジストニア) 頸部フォーカルジストニア 痙攣性斜頸としても知られている頸部ジストニアは、成人期における随意的な筋肉の変化の最も頻繁な形態です。 それは本格的な症候群であり、罹患した対象は首筋のレベルで明らかな不随意のけいれんを持っています:これらの収縮は頭の継続的

ジストニア:治療法と予後

入門 ジストニアの治療を目的とした治療法に関する章は非常に明確にまとめられており、同時に繊細でとげがあります。残念ながら、科学はまだ運動障害を根本的に根絶するための決定的かつ決定的な治療法を同定していません。 疾患はさまざまな症状を経て開始または進行するため、時には安定していることもあれば、さまざまであることもあるため、それぞれのジストニック患者は独特です。 したがって、治療法は個人に合わせてカスタマイズする必要があります。 この最後の記事では、治療の可能性とジストニアの予後について説明します。 治療法 ジストニアの完全かつ決定的な治癒の可能性がほとんどないことを考慮すると、治療法はとりわけ痙性症状の矯正、痛みの軽減、より不適切な姿勢の仮定、そしてとりわけ患者の生活の質の向上を目的としている。 治療的治療の根底にある病因学的調査:すでに述べたように、残念ながら、原因の探求は必ずしも即時ではなく、これがまさに私たちが最も適した治療法を見つけることを妨げています。 その結果、ディストニック状態の改善は遅くなり、場合によっては妨げられることさえあります。 結果として特定の疾患(脳卒中の新生物、長期間にわたる神経弛緩薬の使用など)を引き起こす二次的な形態では、正確に誘発原因が知られているため、患者は治療に対してより満足に反応する。 原発性ジストニアへの唯一のアプローチは対症療法、すなわち症状

眼科片頭痛

一般性 眼の片頭痛 は、視覚障害および/または神経症状の出現を特徴とする頭痛の一種です。 特に頭痛は、恐怖症、閃光(閃光および光の閃光)、暗点(暗色または有色の斑点)、一過性の視力喪失(部分的または完全)、吐き気、めまい、および上肢のうずきに関連することがあります。 これらの障害は、読書や運転などの活動を一時的に妨げることがありますが、通常その状態は重症とは見なされず、視覚症状は完全に可逆的です。 眼の片頭痛に適切に対処し、その引き金を避けることは発作の頻度を減らすのに役立ちます。 このため、他の頭痛と混同しないことが重要です。 眼の片頭痛は主に局所的な血流の一時的な減少によって決定されます。 この事象は目に関連した血管の突然の狭窄によって引き起こされる。 眼の片頭痛は、眼精疲労(眼の疲労)、視覚障害(近視、遠視または乱視)、または視力を困難にする眼の病状(白内障)によって有利になり得る。 場合によっては、それは三叉神経の炎症から生じることがあります。 眼の片頭痛の発症は数分から数時間続く。 何 眼の片頭痛は、 単眼視力の変化を 伴う頭痛の特定の形態です。 この状態を伴うことができる頭痛さえ 頭蓋骨の片側だけに 影響を与えます。 痛みは、視力障害から1時間以内に現れます。 眼の片頭痛は、通常、ズキズキしており、重度から中等度の強度を示します。 この障害は、歩行または登山のステップによ

水頭症:診断と治療

水頭症とは 水頭症は、脳室腔および/または髄膜室腔におけるCSFの蓄積を特徴とする複雑なCNS奇形である。 水頭症では、脳脊髄液の誇張された病理学的収集が頭蓋内圧の上昇を引き起こし、ひいては重度の障害の原因となります。水頭症によって引き起こされる。 早期診断と治療は、悲劇的な結果を回避し、このひどい病気に冒された患者の生活の質をできるだけ改善するために不可欠です。 診断 水頭症の診断は、慎重な臨床評価および様々な機器検査の使用からなる:病歴、一般身体検査、神経学的検査、脳画像検査。 もっと詳しく見てみましょう。 水頭症の神経学的検査:反射、筋力および筋緊張、触覚、聴覚、協調能力および精神的完全性を分析するために行われます。 イメージングテスト: 脳磁気共鳴:CSFの蓄積によって引き起こされる、心室の起こり得る膨張を評価するために有用である。 水頭症の原因を追跡し、CSF流の動態を評価するためのMRI検査も示されています。 脳超音波検査(超音波検査):新生児の水頭症が疑われることを確認するために示されます。 この処置は患者にほとんど危険をもたらさない。 脳超音波は、単純な日常的な超音波の間に、出生前でさえも水頭症の状態を診断することができる。 コンピューター断層撮影(X線検査):この検査は無痛で、約20分続きます。 一般に、この診断テストを受けている子供は穏やかに鎮静しています。 動脈

水頭症 - 症状

入門 用語「水頭症」は、脳室および/または髄膜の内部における、低電圧の液体の病理学的蓄積を指す。 早期に治療しないと、水頭症は死亡するまで一連の壊滅的な事態を引き起こす可能性があります。 この記事の目的は、水頭症に関連する症状と合併症を包括的かつ簡潔に読むことです。 報告されたように、我々は、水頭症またはその合併症の予防が罹患患者の生活の質を保護または改善するために不可欠である方法を理解するでしょう。 症状の重症度 水頭症を特徴付ける症状の重症度は、3つの重要な要因に関連しています。 年齢:2歳までの水頭症の乳児は、年長の子供や大人よりも頭蓋内圧の上昇の可能性を許容します。 実際、非常に幼い子供の頭蓋骨は完全には溶接されていないので、頭蓋骨は特に大きな損傷を与えることなく拡張することができます。 逆に、成人では頭蓋骨縫合糸はよく溶接されているため、頭蓋骨はほとんど伸展できません。 脳の損傷:脳が受ける損傷が大きいほど、症状の重症度は高い 酒の蓄積を引き起こす原因 お酒が集まる場所 新生児、小児および成人の水頭症 BABY AND BABY(最大2歳)では、水頭症の最も一般的な徴候は次のとおりです。 頭囲の急激な増加:新生児水頭症または幼児期の特徴的な徴候の1つ てんかんの危機 痙攣 吸うことや食べることの難しさ 眼球の下方への逸脱(「夕日を伴う眼球」としても知られる特定の状態) 首の

水頭症

キーポイント 用語「水頭症」は、くも膜下腔および脳室におけるCSFの病理学的蓄積を特徴とする重篤な疾患を定義する。 水頭症:原因 水頭症の主な原因は頭蓋内圧の過度の上昇にあり、それは脳内のCSFの蓄積を促進する。 言い換えると、頭蓋内圧亢進は、脳ヘルニア、二分脊椎、脳血腫、脳炎、髄膜炎、中枢神経系の奇形、脳腫瘍によって引き起こされる可能性があります。 水頭症:症状 2歳までの新生児および乳児の水頭症→頭囲の増加、てんかん、けいれん、首の痛み、食欲不振、肥満、早熟、思春期の変化、嘔吐 小児(> 2歳)および成人の水頭症→気分の変化、認知/記憶障害、発熱、嗜眠、腸/膀胱失禁、けいれん、パーキンソン病様症状など 水頭症:診断 水頭症の疑いがあるかどうかを確認するための最も示唆された診断戦略は以下の通りです:水頭症の神経検査、画像検査(MRI、CT、脳超音波)、動脈造影、頭蓋内圧の検出 水頭症:治療 水頭症の治療法は、外科的シャント、脳室吻合術、酒を産み出す脳の部分の切除など、外科的治療です。 水頭症の定義 水頭症は、くも膜下腔内および/または脳室内のCSF量の、頭蓋内圧亢進の発現の、誇張された病理学的増加である。 典型的には、水頭症は、生成された脳脊髄液の量が再吸収された量をはるかに超えたときに形成されます。 時には、CSFの病理学的蓄積はその吸収の異常の結果である。 生理的条件下で

リカー

酒の定義 酒は中枢神経系に浸透し、脳や脊髄を外傷の可能性から守る無色透明の液体です。 医学文献では、酒は他の同義語でも認識されています: 脊髄 - 脊髄液、脳脊髄液、脳脊髄液、または より簡単には CSF ( 脳脊髄液の 頭字語)。 酒類サークル 酒は脳室の内部で、正確には脈絡叢のレベル(特殊な上衣細胞によって形成される)で産生される。 脳室に沿って循環して、酒はくも膜下腔、軟膜と脳と脊髄のくも膜の間の領域に達する。 ちょっと覚えておきましょう。くも膜と軟膜(leptomeninge)が硬膜(pachimeninge)と共にCNSと最初の神経路を包みます。 尾方向に流れる脳脊髄液は、くも膜絨毛(くも膜から分岐する小柱)によって吸収され、続いて静脈洞に注がれる。 脳室→脈絡叢(CSF産生)→くも膜と軟膜との間のくも膜下腔→くも膜絨毛→静脈洞におけるCSFの排出 関数 酒は、いくつかの非常に重要な機能を果たします。 脳や脊髄を傷害から守ります。 教科書では、「脳が酒に浮かぶ」という表現や「酒が脳のクッションとして働く」という表現を見つけることは珍しくありません。 これら2つの文は、一見したところ不合理ですが、脳脊髄液によって実行される主な機能を最もよく表している隠喩です。 脳の重さはおよそ1, 300-1, 400グラムです。 しかしながら、酒に浮かんでいる(したがってアルキメデスのプッ

神経変性疾患

一般性 神経変性疾患は、脳の特定の領域 における神経細胞の 不可逆的かつ進行性の 喪失を 特徴とする一連の病状を構成する。 神経変性疾患の群に含まれる病状は異なり、そしてそれらの多くについて、発症の原因は依然として不明である。 しかしながら、神経変性疾患の発症にはいくつかの要因の関与があり、それらが互いに病理学を引き起こすのに寄与していると考えられている。 これらの要因の中で、確かに遺伝的および遺伝的起源のもの、そして環境的性質のものが際立っています。 神経変性疾患は、神経細胞の喪失によって影響を受ける脳の領域や影響を受けるニューロンの種類によって、さまざまな形で現れます。 ただし、一般に、これらすべての病状には3つの共通点があります。 たいていの場合、病気の発症は無症候性であり、症状は後になって初めて現れるので、神経性損傷が非常に広範囲に及ぶため、潜伏性および潜伏性の発症。 不可逆的な進行、残念ながら、永久に神経変性疾患を止めることができる治療法はまだありません。 純粋に対症療法。 最もよく知られている神経変性疾患の中で、我々は思い出します: パーキンソン病 アルツハイマー病 筋萎縮性側索硬化症。 ハンチントンの朝鮮。 痴呆。 上記疾患の主な特徴を以下に簡単に説明する。 パーキンソン病 パーキンソン病は、最もよく知られている神経変性疾患の1つです。 この病理は、脳の黒質(黒色物質)