歯の健康

歯の食事と健康

歯牙 歯は口腔内に位置する硬い付属物です。 彼らは生きている組織、血管新生と神経終末で構成されているので、彼らは本当の臓器と見なされます。 彼らの主な機能は食べ物をつかみ、切り刻みそして噛むことです。 第二に、彼らはまた、音声モジュレーターの役割を果たしています。 人間では、彼らは28または32( "親知らず"と呼ばれる第三大臼歯の有無に基づいて)であり、その構造は次のように編成されています。歯肉から出てくる部分はクラウンと呼ばれます。骨に落ち着くものは根と呼ばれます。 外面的には、クラウン上にのみエナメル質(硬組織)が配置されています。 それより下では、歯は象牙質の層によって形成され、次にセメントの薄い層で覆われる。 最も内側のロジアでは、パルプが区別され、その中で栄養血管と感覚神経が循環する。 歯と健康 歯と人間の健康との関係はかなり狭くて明確になっています。 まず第一に、歯は消化過程を開始するために不可欠です。 それらがなければ、食べ物を噛んで唾液(一番最初の消化酵素を含む)に浸すことはできません。 正しい咀嚼は胃の仕事量を減らし(特に肉の摂取後)、 憩室炎 の可能性を減らします。 腸管憩室 症の存在に基づくこの後者の障害は、粘膜とその下にある血管チャネルとの間に形成される「ポケット」(憩室)の内側に粗い固形食品残渣(それらは適切に咀嚼されないため)の確立に

歯を白くするための重炭酸ナトリウム

ビデオを見る X YouTubeでビデオを見る 一般性 重炭酸ナトリウムは、職場環境(歯科医院)および純粋に家庭環境の両方で、歯を白くする、汚れを除去する、そしてそれらをより白く光沢のあるものにするために広く使用されている。 プロの漂白剤 いわゆるエアポリッシングは古典的なプロのホワイトニング技術です:それはあなたが治療したい歯に一定の圧力で投射されるように水、空気および炭酸水素塩のスプレーの洗浄作用を使用します。 歯を白くするために有用な表面的な研磨作用に加えて、ジェットはまた、歯の​​表面からバイオフィルム(プラーク)を分散させそして機械的に除去するために有用になる。 もちろん、水と重炭酸ナトリウムの濃度、噴流の強度、および歯の表面からの距離を変えることによって研磨作用を調節することが可能である。 ホームブリーチ アングロサクソンの用語では、商業的により魅力的な「重曹」として、重炭酸ナトリウムがいわゆるホワイトニング練り歯磨きにしばしば存在し、歯のエナメル質から汚れや欠陥を除去するのに有用である。 さらに、胸やけに対する制酸剤としての広範な使用を考えれば、市場で手軽に入手できることが、重炭酸ナトリウムを「自分でやる」というヒントの古典的な主役にしています。 。 無意識のうちに行われることが多いこれらのプラクティスの危険性と禁忌を分析する前に、重曹が主役を演じる「自分で白くするレシ

賢者:白い歯と健康な歯茎

一般性 重炭酸ナトリウムと共に、セージは化粧品分野(練り歯磨きおよびホワイトニングペーストの製造)および純粋に家庭内の状況の両方で最も使用されているホワイトニング剤の1つである:新鮮なセージの葉を直接歯の表面に擦ることはよく知られた民間療法である。より白い歯を得るために、あなたの笑顔に輝きと輝きを与えます プロパティ 重炭酸ナトリウムを用いると、セージは研磨作用を共有し、それにより、バイオフィルム(プラーク)および歯からのより表面的な汚れを機械的作用によって除去することが可能になる。 実際、セージの葉には鉱物の結晶(カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄)がありますが、化学的な観点から漂白作用を助ける精油と酸が豊富な腺もあります。 セージのもう一つの利点は口臭のさわやかで消臭作用に関連しています。 セージの他の薬効成分の中で、我々はそれらの消毒剤(常にエッセンシャルオイルに関連している)と止血剤、タンニンの存在に関連していることを思い出す。 両方とも歯肉炎、口腔潰瘍および歯周病の存在下で有用である(十分に希釈されていない場合、セージ精油は依然として刺激性であり得、したがって特に有害であり得る)。 深まる:出血する歯茎に対する賢い歯磨き粉 マリア・グラツィア・スパルトの本、「50フィトセラピー・レシピ」は、出血性歯茎の治療のために示される「自分でできる」歯磨き粉の成分として

栄養と口臭

トピックの紹介 健康的な 食事 と健康的なライフスタイルは、 口臭 予防、あらゆる年齢の男女を問わず恥ずかしいと不快な現象のための完璧な組み合わせです。 口臭 を防ぐには、歯磨き粉、歯ブラシ、うがい薬の使用をアドバイスするだけでは十分ではありません。実際には、 食事 が人の 息の 鮮度に大きく影響する よう です。 食べ物と息の香り 摂取された 食品 は私たちの体によって加工され、それが 息 の匂いを決定するのは 食品 そのものであるように思われます。人。 私たちの体が 摂取 された 食物を 完全に排除しない瞬間まで、 息 の匂いはその特定の 食物 によって明らかに影響され続けます:これはアメリカの歯科医師会によって研究された科学的事実です。 口臭に対するアボカド Dr. Dalloca(タフト大学ボストン校およびパヴィア大学で歯学を卒業した)は、次のように述べています。「 消化管起源の 口臭 の治療の正当な理由は、アボカドの消費である。腸管における食物腐敗 " 。 Persea Gratissima (アボカド)の果実は何よりも利尿 作用を 持っているので、非常に特別な声明:おそらくこの奇妙な 食べ物 は、 食物 繊維の含有量のおかげで、胃腸の問題に関連する特有の 口臭 に対抗するために推奨されます。 実際には、消化が困難であることは、しばしば 呼吸に 影響を与える否定的

歯槽炎:それはなんですか。 原因、症状および治療G. G. Bertelli

一般性 歯 の歯槽炎は、歯槽の急性炎症、すなわち歯の根がたまる骨腔です。 ほとんどの場合、この病状は 抜歯 (または 抜歯 ) 後に 確立さ れ ます。 歯槽炎はかなりまれな合併症であり(約1〜2%の症例で起こる)、とりわけ虫歯、歯髄または肉芽腫の存在下で起こりうるように、除去が病理学的プロセスによって 著しく損なわ れた 歯を 含む場合に見られる。 。 歯槽炎の 正確な原因 はまだ わかっ ていませんが、その発症に有利に働く可能性があるいくつかの要因が特定されています。喫煙、感染症、肺胞内血栓の線溶増加、外科的外傷および進行中の薬物療法など。 手術の3〜4日後、歯槽の炎症は 激しい痛み 、 口臭 、および リンパ節の腫れを 伴って現れます。 肺胞は、おそらく抗生物質、抗炎症剤および特定の口腔衛生手技(例えば、クロルヘキシジンベースのマウスウォッシュであまり活発ではないすすぎ、鎮痛剤を染み込ませた滅菌ガーゼの小胞内位置決めなど)に関連する局所抗感染治療を伴う。 何 歯科用肺胞石膏とは何ですか? 歯の肺胞炎は、特に抜け道から残っている腔内の血液の通常の凝固が機能不全である場合に、主に 抜歯の歯槽に 発生する 炎症性プロセス です。 歯槽骨は、歯周靭帯を介在させて、歯根(または歯が多根の場合は根)を支持および囲む。 抜歯後、肺胞は口腔と直接連絡します。 歯槽とは何ですか? 歯の摘出後、

歯科膿瘍:診断、治療および予後

歯科膿瘍:はじめに 歯の膿瘍の診断はかなり簡単です、単純な病歴(患者によって報告された症状の収集)はしばしば十分です。 歯の膿瘍に罹患している対象は、咀嚼を妨げる、またはさらに悪いことには通常の日々の活動および夜間の休息を妨げるなど、止められない、拍動性で急性の歯痛を訴えている。 疼痛に加えて、歯の膿瘍は、赤くなった歯茎、頸部のリンパ節の腫れ、口臭、熱および風邪に対する象牙質知覚過敏、および発熱によって現れる。 症状が悪化する前に - 瘻孔、肉芽腫、嚢胞、細菌性蜂巣炎、敗血症を引き起こす - それはショック抗生物質療法、唯一の考えられる解決策とできるだけ早く介入することが必要であり、根から感染を根絶するために本当に効果的です。 歯の膿瘍は細菌感染の結果であることを簡単に思い出してください。それはまた、深い齲蝕原性プロセス、複雑な歯髄炎、欠けた/壊れた歯、または進行した発疹によって引き起こされます。 最初の症状が現れたらすぐに歯の膿瘍を止めたときの予後は良好です。 さもなければ、介入の失敗の場合には、歯の膿瘍は壊滅的な効果を引き起こすことができます、極端な場合には死まで。 診断 述べたように、歯の膿瘍の診断はかなり簡単です。 既往歴のある調査(すなわち、患者が訴えた症状の収集)は、実際には現在の歯の膿瘍を仮定するのに十分です。 いずれにせよ、歯科医は感染を確認するために専門家による検査

歯科膿瘍:原因と症状

歯科膿瘍:キーポイント 歯の膿瘍は、歯の周囲の組織(歯肉、下顎骨または歯髄)に閉じ込められた細菌、白血球、血漿および細胞片(膿)の蓄積です。 主な分類 歯周膿瘍:歯の支え具(歯肉、歯槽骨および靭帯)に影響を与える感染症によって引き起こされる 根尖周囲膿瘍:歯髄の感染による 原因 歯の膿瘍は、虫歯や歯茎の化膿性感染症(膿に富む)を引き起こす複雑な虫歯または重傷の直接の結果です。 危険因子の中で、我々は言及します:歯の悪い成功した手術、貧弱な口腔衛生、糖尿病、胃食道逆流症、エイズ、口渇、喫煙、アルコール依存症、コルチコステロイドによる長期療法。 症状 歯の膿瘍の主な症状(激しくて容赦のない歯痛)は別として、患者はしばしば歯茎の腫れ、口臭、象牙質知覚過敏、発熱、およびリンパ節の腫れを訴えます。 診断 歯科膿瘍の診断はかなり簡単です:それは誤嚥検査(患者によって報告された症状の収集)と身体的検査(痛みの程度を調べるために医者が歯に触れる)を使用します。損傷を評価するための膿サンプルと歯のX線撮影。 治療法 感染症であるため、歯の膿瘍は、おそらく痛みを隠すための鎮痛剤の投与によって支持されている抗生物質治療を必要とします。 膿ドレナージも治癒に不可欠です。 定義 歯の膿瘍は、歯の根元(歯茎、下顎骨または歯髄)の周囲の組織に囲まれた膿の蓄積です。 通常、歯の膿瘍は、複雑な虫歯、欠けた/壊れた歯、

歯ぎしり

ブラキシズムとは 用語「歯ぎしり」の根源は、文字通り「 歯磨き 」を意味するギリシャ語の βρύχωに 由来します。 歯ぎしりは睡眠中のより顕著な現象であり、咀嚼に関与する筋肉の収縮によって引き起こされます。 目的(傍機能)を目的としていない異常な活動と見なされます。 ブラキシズムは、2つのアーチ(下側と上側)の歯の不本意で激しい噛み合わせに関連するこすりで構成されています。 この現象は時々騒々しくそして厄介になることがあります、それを実行する人々にとってそれほどではなく、彼らの周りの人々にとって。 徴候と症状 もっと知るために:症状Bruxism 歯ぎしりに苦しんでいる対象は歯の研削を理解していないが、目を覚ますと、彼は顎のレベルで痛みの厄介な感覚を訴えることができた。 この現象は、うるさいものではないとしても、まったく気付かれないままになる可能性があります。 歯ぎしりがあると歯は漸進的に磨耗し、それはエナメル質のレベルでのファイリングとして現れるので、この場合、それを知らせるのは歯科医であろう。歯の消耗は歯磨きの継続的なこすりによって引き起こされる。エナメル質は絶えずストレスを受けているので、虫歯。 より重篤な歯ぎしりの場合には、患者は歯槽骨への損傷および歯肉の「剥離」の可能性もある。 さらに、いくつかの対象では、歯の間の掻き取りが象牙質を際立たせるほど激しく起こり、さらに歯の磨

ブラキシズム:治療

入門 歯ぎしり、歯磨きを伴う不本意な現象は、人口の間でかなり一般的な条件ですが、効果的な治療法はまだ研究されています。 第一に、歯ぎしりを患っている患者は、口腔に影響を及ぼす可能性のある病状を診断するために検査を受けなければならない:問題は実際にはいくつかの病状(通常心理的状態および咀嚼障害)から生じうる。 この場合、最も効果的な治療法は、根本的な病気の治療法です。 歯ぎしりに対する治療 市場には Bite と呼ばれる特定のデバイスがありますが、それはブラキシズムから派生する可能性のある問題を軽減するための唯一の効果的な解決策です。 BITE療法は、睡眠中の歯の侵食から歯を保護するのに役立ちます。夜間、就寝前に適用しなければならず、咀嚼面の間に介在するため、粉砕を妨げます。 咬傷は非常に効果的な治療法です、唯一の治療法が利用可能であるという理由ではなく、歯の漸進的な磨耗を妨げることに加えて、それらは正しい整列を好むためです。 歯ぎしりを持つほとんどの人が歯列弓の誤った位置合わせをしている可能性があることが記録されています。 救済策を利用すると、歯列矯正が優先され、首と顎の筋肉の緊張が軽減され、歯ぎしりも解消されます。 咬傷は、患者のニーズに応じて柔らかいものと硬いものがあります。 それらは薬局で販売されている標準的な手段ですが、「測定する」ために準備することもできます。後者の場合、歯

乳歯の転倒

歯はいつ落ちますか。 乳歯の転倒は、永久歯のための場所を空けることを目的として、6歳頃に始まる生理学的現象です。 医学用語では、転倒とそれに続く永久歯との交換は 下取り と呼ば れてい ます。 乳児の歯が落ちるべき理想的な年齢である絶対的な正確さを確立することは不可能です:5歳で最初の歯を失う子供もいれば、7歳でまだ20個すべての乳歯を見せる子供もいます年。 症状 乳歯の転倒は通常、痛みのないプロセスですが、歯が転倒して歯茎に半縛り(およびぶら下がったまま)のままになっていると不快感を与える可能性があります。 また、転倒や外傷のために乳歯の端が欠けていることもあります(小児ではかなり頻繁に発生しています)。このような状況では、歯落ちによって標準時間が予想され、交換プロセスに時間的な変動が生じることがあります。 。 生理学的な状況では、乳歯の転倒は子供に特別な痛みを引き起こさないが、歯肉は、特に永久歯の発疹の直前の日には腫れて炎症を起こしているように見えるかもしれない。 このような場合に、子供が歯肉痛の厄介な知覚を経験した場合は、火傷に加えて発熱を防ぐパラセタモールを投与することが可能です(医学的アドバイスの後)。 実際には、何人かの子供では、ミルクの歯が落ちた後永久歯の成長は温度のわずかな上昇を引き起こします。 乳歯の転倒(または交換)=乳歯(永久歯)と乳歯の交換 ミルクの歯 このよ

歯科用カプセル

歯科用カプセルとは何ですか? 「カプセル」という用語は、非常に耐性のある金属製の心臓と光沢のある樹脂またはセラミックコーティングからなる人工歯冠(「補綴冠」とも呼ばれる)を指すために歯科分野で使用される。 保護シェルのように、歯科用カプセルはひどく損傷した歯を覆い、その構造を強化し、そしてそれを避けられない骨折から保護します。 歯の上にカプセルを挿入することを含む介入は、歯の被包と呼ばれる。 適応症 歯科用カプセルの使用はいつ示されますか? 歯科用カプセルは、次のような場合に表示されます。 歯は広範で深い虫歯の影響を受けており、単純な充填によって修復することはできません。 歯は、歯髄(歯髄炎)感染症によってひどく危険にさらされています。 歯が欠けているか、壊れているか、ひどく損傷しています。そのような状況では、笑顔の美学を改善するために介入する必要があります。 歯は非常に壊れやすく破損しやすいです。 歯のエナメル質はひどくそして修復不可能なほどに損傷を受けた。 歯は失活しており、新しい人工歯冠が必要です。 歯科用インプラントを覆います。 歯のエナメル質の進行性の剥離につながる歯の病気。 アプリケーション 歯科用カプセル化を進める前に、歯科用カプセルを挿入するための適切なスペースを作り出すために、損傷した歯の本来の歯冠 - 歯槽から突き出ている歯の部分 - を取り除くことが必要である。

虫歯:原因と危険因子

前提 虫歯は、多くの素因的症状がある多因子性病理であり、そのうちのいくつかはまだ知られていない。 事実、病因と虫歯の起源に関する説明を見つけるために数百の仮説が定式化されてきた。 確かなことは、虫歯は、特定の遺伝的素因の存在下で、外因性の原因と内因性の要因の両方が原因であることです。 憲法上の要因は、虫歯の引き金を引くことに非常に重きを置いています。実際、齲蝕の影響を非常に受けやすい他の人とは異なり、齲蝕原性プロセスに対して非常に抵抗力があるようです。 しかし、この病気に親しんでいるのは、砂糖の過剰摂取や口腔衛生不良などの不健康な習慣の伝達に由来する可能性があります。 好奇心 適切な家庭用歯科洗浄(歯ブラシ、練り歯磨きおよびデンタルフロスを含む)において良好な手先の器用さを得たにもかかわらず、体質的に頑強な人々の中には、一般に、特に虫歯感染症にかかりやすいことが証明されている。 一方、他の人は、悪いそして無秩序な歯科衛生と細い体格を持っているにもかかわらず、虫歯に対して並外れた体質的耐性を示す。 内因性の原因 内因性の原因は、齲蝕原性プロセスの最も初期の段階に介入し、したがってその発症を助長する。 以下は、虫歯の素因となる内因性の原因です。 唾液の量と質 :その作用により、唾液は口の酸味を緩和することができます。 その中に溶解したいくつかの物質のおかげで、それはまた、齲蝕原性物質に対

乳歯のう蝕

う蝕歯 おそらく、虫歯は幼児の間で最も一般的な歯の感染症です。 虫歯は、歯の文字通りの破壊をもたらすゆっくりとした進行性のプロセスであり、牛乳の歯を攻撃するときでさえも特定の歯科治療(充填)を必要とします。したがって、将来の歯の不整合の基礎を築くことになります。 原因 それが乳歯、親知らず、または他の永久歯であるかどうかは関係ありません。 虫歯が常に同じ原因によって支持されることは科学的に証明されています。 彼らは常に「彼ら」の責任を担っています:歯垢に隠れる口腔の細菌、歯の表面に接着剤のように付着する乳白色の粘着性の緑青。 バクテリアプラークに固着している何百もの細菌は、食品残留物中に存在するグルコースを食べ、老廃物として乳酸塩を形成します。 その酸性度のために、この物質は歯のエナメル質を徐々に溶解させ、象牙質に影響を与えます。 そのため、乳歯の虫歯の原因は、成人の歯の齲蝕原因となる原因と一致していることがわかりました。 違いがあるのは、細菌が乳歯のエナメル質を腐食する驚くべきスピードです。 説明は非常に明白です:乳歯は永久歯よりはるかに小さく、そしてそれらのエナメル質はミネラル化されていません。 したがって、口腔の細菌はそれをより容易に破壊することができ、その下にある象牙質に到達し、ひどい歯痛を引き起こします。 好奇心 一部の親は、歯の感染症のプロセスが歯の発疹の前でも始まって​

虫歯:症状、合併症および治療

徴候と症状 それ自体では、虫歯は痛みを引き起こさない:最初の段階では、それは完全に無症状である。 しかしながら、虫歯は、硬組織(エナメル質および象牙質)および軟組織(歯髄)を漸進的に露出することにより、温度変化、砂糖および塩において徐々に増加している感受性を引き起こす。 私たちの体が私たちに送る最初の兆候は、その自然な光沢を失い、より不透明になるエナメル質の色の変化です。 経験の浅い人の目にはこの特徴は一般に気づかれずに通ります。 虫歯が象牙質にぶつかると、暗い溝がはっきりと見え、腐敗した材料(食物と壊れた歯の組織)が停滞しています。 患者が歯痛を経験し始めたとき、それは齲蝕原性プロセスが歯髄まで深くなったことを意味します。 したがって、痛みは一次う蝕の合併症によるものです。 虫歯が進行し、歯髄に沈み込むと、患者の臨床像は悪化する傾向があります。 このような状況では、虫歯がこの疾患の特徴的な症状を引き起こします。 口臭 熱い、冷たい、甘い、塩辛い、そして酸に対する過敏症 周囲の組織に広がる歯の痛み もっと知るために:虫歯の症状 合併症 虫歯、微妙で微妙な病気は、歯冠のいくつかの部分の段階的な破壊を引き起こします:この段階から始まって、虫歯感染症は複数の合併症につながることができます。 虫歯が歯間接触点を破壊すると、感染は変性して歯間乳頭の炎症(乳頭炎)を誘発し、歯肉部は2つの歯の間に

歯嚢胞

歯の嚢胞:定義 用語集 歯髄:歯の最も内側の部分。象牙質の生産に使用される神経終末、細動脈、細静脈および細胞によって豊富に栄養を与えられています。 歯小胞:歯が由来する胚構造 歯髄壊死:歯髄組織の死 歯根:歯槽骨に挿入された歯の部分、その内部には歯髄が含まれています 根の頂点:神経と血管が歯にアクセスする点 根管:神経線維と血管が流れる根管内の小管 歯の嚢胞は、通常は被覆上皮を備え、漿液、粘液または気体の液体を詰めた、十分に限定された病的腔である。 コーティングされていない嚢胞(カプセルなし)は偽嚢胞と呼ばれ、膿で満たされた嚢胞は膿瘍と見なされます。 肉芽腫と非常によく似ていますが、歯の嚢胞は歯髄壊死の典型的な合併症で、次に外傷、深い虫歯または歯髄によって引き起こされます。 内容物の性質とそれらが由来する正確な位置の両方に基づいて区別される、歯の嚢胞の多数の変種があります。 分類 一般的に、シストは以下のカタログに登録することができます。 歯根嚢胞 濾胞性嚢胞 パラディスト嚢胞 分析を単純化し、そして障害の理解を容易にするために、表は、歯嚢胞の主な変異体の一般的な特徴を示す。 ただし、嚢胞には他にもさまざまな分類基準があることを忘れないでください。以下では、最も一般的なタイプのみを強調表示します。 歯の嚢胞 最も一般的な亜種 簡単な概要 歯根嚢胞または根尖周囲嚢胞 トップシスト 子状

クロルヘキシジン洗口剤:リスクと副作用

重要な紹介 それはあらゆる点で薬理学的製剤であるので、クロルヘキシジンベースの洗口剤は正しく使用しなければならず、医師によって処方/推奨される用量および治療の期間を完全に尊重します。 とりわけ臨床的に確認されている優れた消毒特性により、クロルヘキシジンは消毒された抗プラーク薬用マウスウォッシュの調製に理想的な有効成分となっています。 クロルヘキシジン(0.2%)マウスウォッシュは、歯科手術後の歯の感染症の予防(例えば抜歯、肛門切除)および歯肉炎および口腔内の他の種類の炎症の治療に広く使用されている。 低濃度では、クロルヘキシジン(0.05%)マウスウォッシュを使用して、その病理学的形態を含む口臭に対抗することができます。 処方箋は必要ありませんが、クロルヘキシジン洗口剤の使用は常に、対象に関する医師または専門家の助言を得て行われるべきです。 過剰な量の薬物(口内洗浄剤の形態で摂取される)または自分自身の障害に不適切な治療期間は、実際には重大な危険性および副作用をもたらし得る。 効果なし、一般的な障害 私達が見たように、不快な副作用を避けて、その最大の治療効果を利用するためにうがい薬を使う正しい方法を知ることは重要です。 理想的な薬の使い方について患者を教育することは医師の責務ですが、私たちは簡単に主なガイドラインを思い出します。 まず第一に、クロルヘキシジンは、歯磨剤(ラウリル硫酸ナ

クロルヘキシジン

強力な消毒剤 クロルヘキシジンは、皮膚や口腔粘膜の消毒に使用される合成抗菌剤です。 クロルヘキシジンはグラム陽性菌に対して非常に効果的で、グラム陰性菌に対しても非常に活発であることが証明されています。 さらに、この物質はカプセル化された真菌およびウイルスに対して中程度に活性があると思われる。 高濃度では、クロルヘキシジンは体に非常に有害です。 しかし、適切に希釈すると、消毒洗口剤(消毒剤)、コンタクトレンズ用溶液、その他手や粘膜を消毒する製品の調製に広く使用されます。 化学分析 化学的観点から、クロルヘキシジンは水に溶けにくいカチオン性ビグアニドである。 それを水溶性にするためには、物質をグルコン酸と組み合わせる(またはむしろ塩化する)必要がある。うがい薬の調製において、化合物はクロルヘキシジンジグルコネートの形態である。 クロルヘキシジンは2つの方法で作用します。 強力な殺菌剤(主な効果) クロルヘキシジンは、その透過性を誇張して高めることによって、細胞質タンパク質の沈殿およびその結果としての細菌溶解による細胞死を促進することによって、細菌細胞膜のタンパク質構造を変化させる。 静菌性:クロルヘキシジンは「唯一」細菌の複製を阻止することができると考えられていた。 今日私達は彼が それら を 殺すこと もできることを知って いる。 アプリケーション クロルヘキシジンは、可能性のあるまた

クロルヘキシジンマウスウォッシュ

それは何のためですか? 強力な抗菌消毒剤、クロルヘキシジンマウスウォッシュは歯周病と口腔の治療における医療補助として一般的に歯科医によって推奨または処方されています。 より正確には、クロルヘキシジンマウスウォッシュは、細菌性歯垢(歯の表面に接着剤として付着するマトリックスに浸された何百万もの細菌からなる粘着性緑青)の非常に効果的な効果があります。 European Journal of Oral Sciences に報告されているように、クロルヘキシジンマウスウォッシュは口腔を消毒し、歯の感染症を予防するのにこれまでで最も効果的であるように思われます。 議論の中で見るように、クロルヘキシジン洗口剤は、歯のエナメル質の本来の色を変え、歯に見苦しい汚れを生じさせる可能性があるため、長期間使用するべきではありません(専門の歯科用クリーニングによってのみ除去可能)。 深まります クロルヘキシジンは、二重作用を有する強力な合成抗菌剤です。この物質は殺菌剤(細菌を殺す)と静菌剤(細菌の複製を防ぐ)として働きます。 クロルヘキシジンはまた、いくつかの莢膜真菌およびウイルスに対しても活性があるように思われる。 洗口剤では、有効成分がグルコン酸クロルヘキシジン(水溶液中でクロルヘキシジンで塩化されたグルコン酸)である 治療用途 0.2%の濃度では、クロルヘキシジンは口腔の細菌負荷の変化を再調整すること

ミルクの歯

乳歯とは何ですか? 乳歯(乳歯 、一次または一時的な エイリアス)は、すべての人間の生活の中で成長し成長する最初の歯です。 乳歯は生後6ヵ月頃に出現し始め、2歳以内に、子供は20本の乳歯からなる完全な一組の歯を見せます(半弓形ごとに5本)。 しばらくして、約6年後に、乳歯は永久的なものの代わりになるために自発的に落ち始めます。 乳歯は それぞれの 歯科用 セミエンクロージャーに 細分化さ れています 。 2切歯(中央1 +外側1) 犬1匹 2つの臼歯(それぞれ「第1」および「第2」臼歯と呼ばれる) 小臼歯および親知らずはミルク歯列には存在しない 乳歯の転倒 子供の笑顔の中で「ブチェット」を観察することは珍しいことではありません。この現象は絶対に正常なものであり、突然、乳歯が不安定になり、ずらして落下しても心配しないでください。 年齢 歯数と特性 6ヶ月 最初の乳歯が出現し始める 2年目 20本すべての乳歯が成長しました 6年目 乳歯の自然落下の始まり 6〜13年目 乳歯は永久歯と交換され始める→混合歯列:少年は永久歯と混合された乳歯を有する > 14年 永久歯を完成させます:上顎に4つの切歯、2つの犬歯、4つの小臼歯と6つの臼歯、そして下顎に同じ数(合計32歯) しかし、乳歯の(生理学的な)転倒は必ずしも自然発生的なものではないことを強調する必要があります。 実際、子供たちは転

歯が落ちる

赤い警告 象徴的に、落ちてくる歯を夢見ることは、それほど遠くない、前向きな兆候ではありません。 他方では、実際には、歯の転倒は、心地よい、さもなければ望ましい状態を反映している。 乳歯を除いて、転倒歯は常に外傷または病的状態に関係しています。まず第一に、複雑で広範囲にわたる未治療の歯の感染症です。 私たちが議論の過程で見るように、進行中の歯の病理学から独立しても歯が落ちることができます:永久歯の落下の後ろに隠されている原因は実際には複数で多彩です。 あなたの歯を失うことは、単に笑顔の美学と表情の調和への侮辱ではありません。 ほとんどの場合、深刻な健康上の問題を隠しているので、1本以上の歯の落下を見逃してはいけません。 抜け落ちた歯など、生体から送られてくるシグナルを解釈することは、将来の合併症を見越して迅速に介入するために重要です。 悪い口腔衛生と食事 状況に応じて、転倒した歯が健康上の合併症の症状または二次的な原因になることがあります。 より一般的には、永久歯の落下は、まず第一に 誤った食生活と口腔衛生のケアという 、完全に適切ではない一連の態度の最終結果と考えられています。 実際には、多くの人(特に子供)は、グミ菓子、超甘味の軽食、カラメル菓子など、あらゆる種類の菓子やグッズに魅了されています。 口腔に生息する細菌は確かにあなたに感謝します、そしてこれは歯科健康の完全な不利益に行

新生児の歯列(または乳歯列)

歯の形成 新生児の歯列形成は、乳児の成長と進化の発達における非常に重要なステップです。 歯列と呼ばれる新生児の歯形成の自然なプロセスは、いくつかのステップで説明することができます。 乳歯は それぞれの 歯科用 セミエンクロージャーに 細分化さ れています 。 2切歯(中央1 +外側1) 犬1匹 2つの臼歯(それぞれ「第1」および「第2」臼歯と呼ばれる) 小臼歯および親知らずはミルク歯列には存在しない 予め形成された歯科用要素の垂直方向の成長(胚期中) 最初の歯(乳歯)の発疹 歯の成長の決定的な停止 乳歯の転倒(2歳前後から開始) 永久歯との乳歯列の交換 乳歯列および永久歯列 新生児のそれは、大人の永久的な歯列と区別するために「最初の歯列」とも呼ばれます。 それらはすでに顎骨に含まれ、部分的に石灰化されていますが、乳歯は生後わずか数ヶ月で現れる傾向があります。 実際には、乳歯列はすでに子宮内生活の間に、一般的に妊娠の7週頃(20〜24ヶ月の年齢で終了するまで)に発生します。 生後、歯は歯茎を通って徐々に噴出し、生後6ヶ月前後に出現する傾向があります。 通常、最初に噴出する乳歯は、中央下部の2つの切歯です。 たとえそれぞれの新生児の歯列が独特の場合であっても、他の歯はかなり定義された年代順に従って次第に続きます。 例えば、何人かの子供はすでに歯を持って生まれている(一般的には下顎切歯)一

親知らず

彼らは何ですか? 親知らずは、歯列弓に発生する3番目と最後の臼歯です。 オクタブとも呼ばれ、親知らずは歯茎を通って噴出する年齢にその名の由来があります:他の歯と比較して、判断のそれらは表面化するのが遅く通常18 - 25歳の間に現れる年齢 - 少なくとも理論的には - それは "判断年齢"と呼ぶことができます。 いつ登場するのですか。 4つの親知らずの出現は永久的な歯列の完成を確立します:通常の状態では、各親知らずは各歯科用半弓の最後の位置、そして最も内側の位置を占めます。 しかし、第三大臼歯が常にデビューするわけではありません。骨や歯茎に埋め込まれたままの1本以上の親知らずが現れないことは稀ではありません。 そのような状況では、不完全な永久的な歯列は、歯数減少症として知られる状態(4本未満の親知らず)を反映します。 時々、彼らは部分的に歯茎からの噴出に成功したにもかかわらず、親知らずは彼らの発達を完了しません:そのような状況では、成長を完了するのに十分なスペースを見いだせない 親知らずの不完全な発達は、次に、邪魔な歯の抜歯を必要とするように、慢性炎症性病巣の形成の素因となり得る。 なぜ彼らは成長するのですか? 親知らずは咀嚼や笑顔の美学にはほとんど役に立たないことが今や確立されています。 自発的に生じる問題はそれゆえ以下の通りです:なぜ彼らは成長しますか? この

歯が含まれる

含まれる歯 - 定義 「含まれない」歯は、歯肉を通って噴出することができないか、または部分的にのみ現れ、歯肉陥凹に部分的に閉じ込められたままであると定義される。 正確には、たとえそれが完全に形成された歯根を提示しているとしても、確立された生理学的時間内に歯列弓に現れないときに含まれる歯について話す。 含まれている歯は、第三大臼歯(親知らず)の排他的ではないが典型的な状態であり、しばしば抜歯を必要とする特権です。 親知らずに加えて、犬歯、切歯(特に上部中央のもの)と最初の上部小臼歯も歯の包含の対象となるかもしれません。 分類 歯科用インクルージョンは、恒久的、一時的、完全または不完全として定義できます。 永久的な歯の内包物:その歯は、その生理的噴火であるべきものをこれまでに完成させることなく、生涯にわたって含まれたままである。 一時的な歯の包含:予想される生理学的期間を超えて歯が包含されたままであるが、それはまだ歯肉からの成長と発達の経路を完成させるように運命づけられている(また成人期)。 完全に含まれる歯:歯は上顎骨/下顎骨に完全に閉じ込められています 歯の一部が含まれています:完全に歯肉から出ていないが、歯の噴火は部分的に達成されている 他の歯の軸に関して歯が発達する位置(垂直、水平、斜めなど)に関連する含まれる歯についての他の(そして複雑な)分類基準もある。 原因 歯の混在の素因

フッ化物歯磨き粉

なぜフッ化物歯磨き粉が好きですか? 骨董品の歯磨き粉の中で、フッ素を含むものは間違いなく最も高く評価され使用されています。 練り歯磨き剤の90〜95%がフッ素で作られていると考えてください。 練り歯磨き中のフッ化物の重要性は驚くべきことです。このミネラルは、歯のエナメル質の破壊を遅らせると同時に、その再石灰化を促進することによって、(最初は虫歯の)歯の感染を防ぐのに役立ちます。 エナメル質のより表面的な層に浸透して、フッ素は骨と歯の主要なミネラル成分の1つであるヒドロキシアパタイトを構成するカルシウムイオンに結合します。 このように、フッ化物は、歯のエナメル質をより強くし、そして細菌性プラーク酸によって引き起こされるフレーキングに対してより耐性にする。 虫歯を防ぐ 過去20年間、虫歯の治療に必要な塞栓術および失活の介入は明らかに減少しています。 上記のことはフッ化物強化練り歯磨きの通常の使用によって説明されるようです。 手元にあるデータでは、フッ化歯磨剤を適切かつ継続的に使用すると、虫歯の形成が33.3%減少します(蛍光を含まない「プラセボ」歯磨き粉と比較して)。 注意:フッ化物練り歯磨きは、定期的かつ適切に使用された場合にのみ、虫歯の予防に効果的に作用します。 毎日のデンタルクリーニングをすばやく行う場合はフッ化物練り歯磨きを使用するのは意味がありません。歯が水平にまたは歯肉に向か

曲がった歯

彼女の知覚できないほど謎めいた笑顔の代わりに曲がった歯で描かれていたら、モナリザがそのような芸術的成功を達成しただろうか …。 審美的な不快感 曲がった歯は多くの人々を苦しめるかなりの審美的な不快感です、それで彼らはまた対人関係に否定的な影響を与えます。 笑顔を台無しにして自尊心を喚起させることに加えて、曲がった歯はまた、正しい咀嚼を妨げ、非常に困難で問題のある仕事に毎日の口腔衛生の約束を変えることができます。 あなたが知っている、あなたが知っている、(いわば)曲がった歯を自慢して見せる笑顔は調和とバランスの理想にはほど遠い(ほんの少数の、幸運な、選ばれたものだけが楽しむことができるという現実)。 よくあることですが、大自然は必ずしも寛大ではありません。まっすぐな歯、規則正しい、完璧に並んでいる、そしてそうではない - 白人でさえも、誰もが認めるような美的基準です。 逆に、曲がった、黄色い、欠けた、または壊れた歯 - それは笑顔の美学を混乱させる - は必然的に彼らが口を開くとすぐに他の人の外見を引き付け、嫌悪感と悪い口腔衛生の考えを生じさせる。 良い知らせ? 幸いなことに、曲がった歯や不調和な歯は、特定の多少なりとも侵襲的な歯列矯正の介入に合わせることができます。これらの中で、最も適切な治療の選択は、状態の重症度と患者の年齢によって異なります。 原因 曲がった歯の起源は、遺伝的要因

欠けた歯

欠けた歯:原因 欠けた歯は偶然の地面への転倒の主な原因物質を認識します。 同様に、ナッツ、ヌガー、アイスなど、歯ごたえのある硬い食べ物をむしゃむしゃにすることで歯を削ることができます。 子供の笑顔の中で欠けた歯に気付くことは珍しいことではありません。スイング、スライド、チェイスなどの屋外ゲームは、実際には歯の構造上の安全性にとって最も危険な敵です。 それは知られている、子供の歯は壊れやすいので、壊れる傾向があります:時々、口へのわずかな外傷さえ(ペンの端をかじるなどのように)...歯を欠けて台無しにするのに十分です。 あなたがもう少し年上になると、しかし、歯への危険スイングは危険スポーツに置き換えられます。 実際、ラグビー、ボクシング、キックボクシング、ホッケーなど、ある種の「暴力」を伴うスポーツでは、歯を削ったり割ったりする可能性がかなり高いため、練習をしている人の笑顔の美学を深刻に危険にさらしています。高いです。 子供と同じように、高齢者も歯を削る危険性が高いです。 老化の間に、歯はより壊れやすくなり、それ故に破損を受けやすくなります。 このため、カリカリや硬すぎる食べ物を噛むことで、高齢者の歯がより簡単に欠ける可能性があります。 最後に重要なことを言い忘れたが、犠牲者の年齢にかかわらず、自動車、オートバイまたは自転車の激しい事故によって引き起こされる影響は健康な歯さえも損傷して

黄色い歯

歯の色 黄色い歯はほとんどの対人関係において不快感と当惑の原因となります。 黄色い歯は、笑顔の美しさと調和を不快にするだけでなく、その人の一般的なイメージにも悪影響を及ぼします。 当然のことながら、笑顔は他人とコミュニケーションをとるときに頭に浮かぶ最初のことの1つであり、このような状況で黄色い歯を持つことは確かに良いテレホンカードではありません。 健康な白い歯が人の外観を高め、秩序と清潔さの概念を作り出すことが知られています。 逆に、黄色く染まった不透明な歯を「見せびらかす」微笑みは顔の調和を損ない、汚れや口腔衛生の悪さのイメージを伝えます。 しかし、これは必ずしもそうとは限りません。 黄色であるか、または非常に望ましい白さよりも色の多い歯を持つことは、口腔衛生状態の悪さと必ずしも同義ではありません。 その理由を調べましょう。 あなたはそれを知っていましたか... 各個人の歯の色は厳密に個人的でユニークな特徴です。 実際、すべての人が率直な白い歯を持つわけではありません。 例えば、多くの人は、歯の色が灰色になる傾向がある個人がいるのと同じように、自然に黄色の色合いになる傾向がある歯の着色をしています。 したがって、黄色い歯が生涯に黄色くなるときにだけ、黄色い歯について「心配する」場合があります。それは、白、灰色の傾向、または黄色の傾向があります。 原因 歯の黄変は、常に簡単に識別で

失活:処刑、苦痛およびリスク

入門 失活は、不可逆的に歯髄を損傷している深い虫歯または重度の歯の外傷から重度に危うくされた歯を修復することを可能にする侵襲的な外科的処置です。 歯を避けられない抜歯から救うことを可能にする失活は、3つの主なステップで実行されます。 罹患および感染した歯髄の除去 歯髄を特殊なアマルガム(生体適合性材料+セメント)に交換する 歯の再建 ほとんど痛みがないにもかかわらず、失活は外科手術を受けることを余儀なくされた患者の大多数を脅迫し続けています。 したがって、病気の歯を失活させるのに必要なすべてのステップを正確に説明してみましょう。 手順の詳細な説明は、(必然的に)失活する前に患者に起こる緊張や不安を軽減するのに役立ちます。 実行 失活は主に抜歯から歯を救うために行われます。 外来で行われる手術は、通常2回のセッションで完了します。 失活は、病気の歯のX線を含む慎重な歯科検査の後に、常にいくつかのステップで実行されます。 以下では、すべての介入フェーズをポイントで説明します。 歯の局所麻酔 失活させる歯の上にダムを配置する。 ダムは、歯の上に固定されたラテックスの小さなパッチで、手術中に発生する可能性のある象牙質やスコリアの破片から他の人を守ります。 歯冠の穴あけ( 運河ファイル と呼ばれる特別な器具を使用して損傷したまたは感染した歯髄へのアクセスを可能にするため) 歯髄および根管内のあ

失活または閉塞?

保守的な介入 失活および閉塞は、病的な歯の摘出などのより根治的な手術を避けながら、歯の感染を回復させることを目的とした、いわゆる 保守的な 歯科処置である。 失活と閉塞はどちらも虫歯に対して定期的に行われるため、通常の歯科治療と見なされます。 しかし、違いは何ですか? なぜ歯を埋めるのではなく失活に頼ることが必要なのでしょうか。 この記事の中で、私たちは各介入の特徴的な要素を強調し、とりわけ違いにも焦点を当てます。 一般性 失活と閉塞が保守的介入のリストに含まれていることを考えると、我々はそれらがどのような目的で実施されるのかを詳細に見る。 失活 これは、広範な齲蝕原性プロセスによって、歯髄感染症によって、または高度の外傷によって深刻に損傷を受けた歯髄を破壊および除去することを目的とした歯科的介入である。 以前に麻酔をかけた歯から罹患した歯髄を取り除いた後、失活は特定の生体適合性材料またはセメントを通して歯髄管を密封することによって進行します。この手順は隣接する歯組織における感染の拡大から歯を保護するために不可欠です。 FILLING 運河充填 としても知られている、閉塞は一般に、表在性または中程度の虫歯に冒された歯を修復するために行われる。 この手順は、感染した歯の構造、形態および完全性の完全な回復を保証します。 麻酔後、虫歯は虫歯の除去によって修復され、常に特別なカッターで行われ

失活または抽出?

入門 深部感染によってひどく傷つけられた歯は、常に抜歯を必要としません。 場合によっては(多くの場合、実際には)、説教壇や長期間の齲蝕原性の影響を受けた歯は失活させることで救うことができます。 現代の歯科は、その根本的な手段として抜歯を残して、その起源の場所にできるだけ長く永久的な歯を保存することを主な目的として、それ自体を設定しました。 単純な閉塞では解決できない深刻な歯の感染症の場合、熟練した歯科医は最初に歯の強制除去を防ぐための最も適切な解決策を探すべきです。 そのような状況では、失活は好ましい外科的戦略です。 この議論では、深刻な歯の感染症の間にすべての(またはほとんど)患者を絶えず悩ませている最も一般的な疑問に答えて、私たちはいくらかの光を当てることを試みます。 どのような状況下で失活することができますか? 場合によっては、歯が外科的に抜歯されるのはなぜですか。 失活させることや歯を抜くことを避けることは可能ですか? 一般性 議論をより明確にするために、2つの介入の簡単な説明に数行を捧げることが必要です。 そうすることで、多くの場合、失活が歯の摘出より好ましいので、すでに最初の読書から理解することはより容易であろう。 失活 失活(または根管治療)は、歯髄を不可逆的に損傷するなどのために、感染または広範囲の外傷によって深刻に損なわれた歯の修復を保証する歯科処置である。 失活は

diastema

ジアステマとは何ですか? 「ジアステマ」は、二つの隣接する歯の間に大きくて派手な空間の存在を示す純粋に医学的な用語です。 上顎切歯の典型的な、ジアステマは歯の間の大きなブラックホールとして現れます。そしてそれは好みと重力に依存して笑顔に甘さと同情を与えます、または美学を悪化させます。 ジアステマが病的状態を反映することはめったにありません。多くの場合、「単純に」曲がった歯や欠けた歯のそれに匹敵する審美的な障害です。 言われていることにもかかわらず、実際には、diastemaは小さい問題ではなく審美的な問題です:この「 ブラックホール」 から差し引かれた笑顔への調和を回復するために、唯一の可能な解決策仕様。 それで、何がdiastemaを引き起こしたのか、それがどんな病的な影響を引き起こすことができるのか、そしてそれがどのように治療できるのかを見てみましょう。 原因 diastemaを閉じるために何らかの介入を続ける前に、それが発生した原因を探すことが重要です。 ジアステマは、歯の大きさと顎との間に不均等な関係が存在する状態で起こると考えられる。 このような場合、歯の混み合いとは反対の問題に直面します。歯列弓の長さが長すぎて歯が小さすぎると、歯列弓がすべての利用可能なスペースを占めることができません。 このため、隣接する歯の間に1つ以上のスペースが作成されます。これらのスペースにはdi

親知らずの抜歯後

ビデオを見る X YouTubeでビデオを見る 入門 親知らずの抜歯に時間厳守を伴う緊張に加えて、大多数の患者を怖がらせるのは介入直後の期間です。 親知らずを抜いた後、どうなりますか。 どのように振る舞うべきですか? この記事の目的は、感染の危険性を最小限に抑え、親知らずの抜き取りなどの侵襲的手術後に発生する可能性があるすべての痛みを伴う症状を軽減するための一連の有用なヒントを作成することです。 合併症の予防 摘出後の合併症を防ぐために、患者は正しい行動について注意深く知らされなければなりません:以下の勧告と医師が示唆するものを守ることは間違いなく治癒をスピードアップし、とりわけ合併症を最小限に抑えるでしょうと親知らずの抜歯後の痛み。 何をする ...術後24時間以内に 両頭の枕で頭を上げて眠ることは、親知らずの抜歯後の痛みを和らげ、歯茎の出血を抑える効果的な治療法です。 歯肉出血を予防または緩衝するために、抜歯したり指で触れたりせずに、抜歯部に少なくとも30〜60分間吸収性ガーゼを保持することをお勧めします。 歯の抜き取りによって残った傷の上に滅菌ガーゼを置いてから30分後にのみ歯肉出血の程度をチェックする:この目的のために、綿棒は30分前までに取り除かれなければならない 麻酔効果がなくなる前に、鎮痛作用および抗炎症作用のある薬を服用してください。 痛みを抑えるために特に適している

抜歯後

前提 抜歯後の患者さんの回復の速さは、介入の複雑さといくつかの予防規則の順守によって大きく左右されます。これらの規則は合併症の危険性を減らすために非常に重要です。 したがって、我々は、どの危険性と合併症が抜歯の介入に続くことができるかについて詳細に分析することを始めます。 続いて、抜歯後に不快な問題が発生する危険性を回避するために考慮すべき一連の貴重な予防策をリストします。 抜歯後のリスク それが親知らずであろうと犬歯であろうと、それはほとんど重要ではありません:抜歯の後に起こる危険性はほとんど同じです。 まず第一に、ミスアライメントや歯の不正咬合のために抜歯を必要とする健康な歯(典型的な親知らずの状態)は、深い虫歯、歯髄、肉芽腫によってひどく損傷した歯よりも危険や手術後の合併症が少ないことを覚えておくと良いでしょう。 、歯科膿瘍または何でも。 病的状態(例えば、糖尿病、自己免疫疾患、慢性腎不全など)に罹患している患者、ならびに化学療法/放射線療法を受けている患者、またはコルチコステロイド薬を服用しなければならない患者: 、歯の抜歯後のかなりの回復困難を提示することができます。 必然的に、歯の剥離後、患者は腫れや歯肉の痛みという不快な感覚を経験しますが、わずかな出血を伴うことが多く、手術後24時間以内に消散するはずです。 一定の限度内で、これらの副作用は「正常」と定義することができま

抜歯

定義 抜歯(または剥離)は、歯槽、それが存在する自然な下顎骨/上顎骨腔から歯を取り除くことを含む外科的処置です。 病理学的理由または身体的障害のために、その自然の場所での永続性がより大きな損傷を生み出すであろう場合、歯は抜歯を受ける。 しかしながら、歯は必要なときにだけ、そして他の保守的な方法(例えば失活、充填、肛門切除)によって保存または治療することができないときにのみ摘出されることが強調されるべきである。 その代わりに、親知らずのために異なるスピーチ:他の歯を除いて、第三大臼歯は病理学または歯の感染がない場合でも抽出することができ、それゆえ予防の目的で将来の障害(例えば歯の不正咬合、歯)を避ける。曲がった、歯痛、歯肉炎など) いつ、なぜ必要なのか 第三大臼歯を除いて、次のような場合には抜歯する必要があります。 歯は深い虫歯、歯肉または歯科用オブジェクトに重度に感染しており、他の保守的な方法では治療できない:他の隣接する歯または骨/歯肉構造における感染の拡大を防ぐために考えられる唯一の(そして極端な)解決法連続しました。 肉芽腫または歯状嚢胞に罹患した歯は虫垂切除術で治癒できない:抜歯は、キャリアの骨への、またはさらに悪いことには血液への感染の拡大(敗血症)の危険を防ぐ唯一の可能な選択肢です。 歯列矯正手術では回復できない危険な歯の裂傷。 進行した領域:同様の状況において、1つ以上

歯科用化粧板:介入とメンテナンス

審美的なベニヤ 歯科用ベニア( ベニア )は、その美的外観を改善するために個々の歯に直接適用される特別なプロテーゼです。 これらは、チッピング、わずかに曲がった歯、ジアステマ、黄色い歯などの小さな欠陥を修正するため、またはスケーリングやプロの白化によって治療不可能な汚れによって見苦しくなるように、永久に歯に接着される非常に薄い磁器、セラミックまたは樹脂ラメラです。 それでは、歯の上のベニアがどのように「溶接」されているのか、そしてプロテーゼを傷つけないようにするためにどのようなトリックを実行するべきかを見てみましょう。 介入 セラミックまたは磁器の歯科用ベニアの適用によるいわゆる「修復」は、特定の予防的プログラミングと歯科技工士の介入の両方を必要とする。 一般的に、最も貴重な歯科用ベニアを使用するには、歯科医で2つのセッションが必要です。 最初の段階は、歯のファイリング、歯の印象の実行、そして面に最も適した色の選択です。 第二段階は、歯にファセットを当てることです。 介入の基本的なステップ: コントロール訪問 歯のやすり 歯科の印象 歯科用化粧板の色の選択 フッ酸とシランによる歯の処理 歯の審美的な面のセメント接合 歯科用化粧板の研磨 ファーストシート まず第一に、手術のために歯を「準備する」ことが不可欠です:非常に重要であるこの最初のステップは、歯のエナメル質の一部の ファイリング

歯科用ベニヤ

歯科用ベニヤの定義 歯科用化粧板は、外観を改善するため、または2つの隣接する歯の間に生じるスペースを埋めるために、医師が歯の外面に施す独創的な審美的修復です。 ある意味では、歯科用化粧板は一種の補綴物と比較することができます:それらは実際には審美的に不完全な歯の上にセメントで固定されるべき薄いセラミックまたは磁器のプレートです。 つや消し釘と同じ原理を使用して、歯科用化粧板はそれゆえそれらを審美的により良くするために歯の外面(唇と接触する面)にしっかりと「接着」される。 審美的な面またはベニヤとしても知られている、歯科ベニヤは歯科分野で行われた長い研究の結果です:これらの並外れた修復は意図的に歯の外観を修正して汚れのない、率直な構造的な欠陥がない。 アプリケーション 永久歯の醜さを覆い隠すことによって、歯科用化粧板は笑顔の審美的治療における主な徴候である。 さらに 、 ベニア の適用は また 、構造的な歯の欠陥によって損なわれたいくつかの歯科機能を矯正するためにも示される。 例えば、曲がった歯の存在下での咀嚼機能の改善におけるこれらの製品の並外れた有用性について考えてみてください。完全に整列していない歯によって作り出された歯の不正咬合は、時には単に不完全な歯に審美面を適用することによって矯正できます。 磁器のベニヤは次の場合に示されます: 欠けた歯のサイズを変更する これらの薄いセラ

デンタルフロス - 使い方は?

デンタルフロスとは 虫歯および歯の感染症に対する戦いにおいて、デンタルフロスの適切な使用は、疑いなく歯の完全な健康を維持するのを助け、様々な歯の要素の間に食物の屑および粘着性のプラーク層を深く除去する。 デンタルフロスは、歯ブラシ、歯磨き粉、うがい薬、その他家庭用歯科衛生用の非常に重要な(そしてかけがえのない)道具と一緒に使用する必要があります。 デンタルフロスを使用する場合 そのフロスは少なくとも一日一回、そしてできれば夕方に使用されるべきであることが現在知られている。 まだ疑問があるのは 、いつ 使うべきかということです。 これに関して、専門家の考えは2つに分けられます。 歯ブラシと歯磨き粉でブラッシングする前に歯の間に糸を通すことを推奨する:歯ブラシや歯磨き粉の活性成分(例:フッ素や漂白剤)を均一にするためのワイヤー歯間亀裂。 他の専門家は歯を磨いた後にだけワイヤーを使うことを提案します:そうすることで、歯ブラシがすでにある量の汚れを取り除いたという仮定から始めて、フロスの働きは促進されます。 しかし、本当に重要なのは、歯ブラシで掃除する前後のデンタルフロスの使用ではなく、むしろ適切な使用方法とフロスの常時使用です。 それでは、デンタルフロスの正しい使い方を見てみましょう。 使用モード うらやましい笑顔と健康で力強い歯を披露するには、毎日数回、毎日数分の時間を歯の清掃に捧げるこ

デンタルフロス

デンタルフロスとは デンタルフロスは申し分のない在宅歯科衛生のためのかけがえのないデンタルユニットです。 デンタルフロスは、歯と歯の間の残留食品や歯垢を効果的に除去することで、歯ブラシ、歯磨き粉、うがい薬、その他の日常の口腔清掃の主役の貴重な同盟国であることが証明されています。 伝統的なデンタルフロスは、非常に薄いプラスチック、ナイロン、またはシルクのリボンのように見えます。2本の歯の間にそっと挿入し、側面に沿ってガムライン付近に適度な圧力でかき落とします。 。 その驚くべき「洗浄」効果は知られていますが、残念ながらデンタルフロスはイタリア人の習慣に完全には収まりません。 デンタルフロスの使用は非常に簡単で、信じられないかもしれませんが、それを適切かつ完璧に処理するのに必要なスキルを習得するには、ほんの数回の試行で十分です。 この記事の主な目的は、デンタルフロスの主な機能を説明し、とりわけ正しい使用方法について読者を教育することです。 実際、私たちは、デンタルフロスを定期的かつ適切に使用することで、虫歯、歯肉炎、あらゆる種類の歯の感染の危険性が最小限に抑えられることを思い出します。 デンタルフロスと歯ブラシ 交換することはできませんが、デンタルフロスは手動でも電動でも、歯ブラシの清掃作用を効果的にサポートします。 歯磨きだけでは、たとえ極端な技術と適切な技術で行われたとしても、歯の表

腫れた歯茎

腫れた歯茎の定義 腫れた歯茎は厄介な状態を表し、しばしば浮腫と赤みを帯びた外観を呈します。 大多数の場合、腫れた歯茎は炎症、出血の容易さ、痛みを伴います。 歯肉炎、腫れた歯肉および歯肉炎は、3つの密接に関連した疾患です。 原因 口腔衛生状態が悪いと、歯茎へのバクテリアや食品残留物の蓄積が促進され、厄介な腫れを引き起こします。 対象が歯肉レベルで腫れに苦しんでいる場合、彼は歯の毎日の清掃中のブラッシングに多くの注意を払わなければならないであろう:実際には、歯ブラシの過度に攻撃的な行為が興味のある部分に腫れの感覚を高めることができる出血。 歯石の石灰化が原因で歯石の石灰化が細菌や粘液と組み合わされても、歯茎の腫れを促進し促進するのに役立ちます。この場合、歯石は歯医者の助けを借りて除去しなければなりません(歯科洗浄)。 腫れたガムは妊娠、授乳、思春期など、他の要因にも左右されます。ここでは、体液貯留や血液循環にも影響を与えるほど一貫してホルモンシフトを受けます。 ある種の薬の使用は腫れた歯茎の存在下で問題を表すかもしれません。 特に、過剰な服用量で服用すると出血を引き起こす可能性があるため、抗凝固薬に言及しています。 人がビタミンCやビタミンKなどのビタミンが不足している場合、彼はおそらく腫れた歯茎に苦しむでしょう。 先進国では非常にまれなビタミンCの深刻な不足は、壊血病、疲労、筋肉の痛み

引退したガム - ガム後退

引退したガム:定義 「引退した歯茎」は、 歯茎の後退 として知られる病理学的状態を定義するために専門用語で通常使用される用語である。 我々は、抜去を示すために抜去された歯肉について、またはいずれにせよその元の位置から歯の根尖縁(根元)に向かってのそのずれについて説明する。 その結果、象牙質知覚過敏症、局所炎症、発疹などの複数の疾患に関連した明らかな審美的妥協(歯が特に細長く見え、見えやすく見えます)が得られます。 すべての歯が引き抜かれた歯茎の影響を受ける可能性がありますが、最も関与しているのは犬歯と小臼歯です。 歯茎の後退の主な原因は誤った口腔衛生にあります。 正確には、特に硬い歯ブラシが使用されている場合、歯が不適切に磨かれると(例えば、水平にまたは歯から歯茎に向かって)歯茎が引き抜かれる危険性がかなり増大する。 引退した歯茎によって生じる不快感を軽減するために、不適切な毎日の歯の清掃は矯正することが推奨されます。 歯肉が引き抜かれてかなりの疾患が生じる場合、おそらく結合組織移植片によって支えられて、歯肉手術が考えられる。 原因 最初の症状は思春期にすでに現れているかもしれませんが、引退した歯茎は40歳以上の成人ではかなり一般的な現象です。 特に硬い剛毛の歯ブラシを定期的に使用している場合は、歯磨きを誤ることが歯茎の引き抜きの主な危険因子であることがわかりました。 これに加えて、