解剖学

太ももやお尻の解剖学と演習

アンドレア・デ・ルッキ編集 肩帯の定義と同様に、 骨盤帯 と下肢の攻撃の根元との間、および骨盤と脊柱との間の往復運動を可能にする骨、関節および筋肉からなる機能的複合体として 骨盤帯 を定義することができる。 しかしながら、肩甲骨帯とは異なり、骨盤ガードルは明らかな安定性と劣った可動性によって特徴付けられることを指摘することは重要である。 体育館でのトレーニングによって直接影響を受ける筋肉は、伸筋、屈筋、外転筋、腰大腿関節の内転筋、および膝関節の伸筋と屈筋です。 大腿骨大腿関節の 一部である筋肉群の中に、 1. Ileo psoas お尻 3.筋膜のテンソル 付加者グループ また 膝 関節に: 大腿四頭筋 2.ハムストリング 半膜状筋 4.半腱様筋 記述的および機能的な解剖学: お尻は、その解剖学的特性により、3つの部分に分けられます。 1.大きなお尻 2.臀筋の中央値 3.小さなお尻 サイズだけでなく、異なるレイヤーでの配置も異なります。 実際には、大臀筋がより表面的に、小さな臀筋がより深く、そして臀筋が最初の2つの間に配置されています。 原点は、腸骨ウィングの外面と、大転子上の外側の大腿骨の近位3分の1のレベルでの挿入にあります。 小さな臀筋だけでも回転内の成分を持っていますが、彼らは太ももの伸展、外転および外転を実現しています。 彼らは股関節を安定させるのに役立ちます。 大腿筋膜

腕と脚の解剖学と演習

アンドレア・デ・ルッキ編集 ショルダーガードルの分析をまとめると、一見したところこの機能的複合体とはほとんど関係がないかもしれない他の筋肉地区を含めることが必要である。 これらは、肘関節のレベルで主な機能を果たす筋肉で、上肢に属しますが、二関節性であるため、肩甲骨上腕関節にも影響を与えます。 さらに、他の2つの筋肉は肘の高さで屈筋運動をしているため、上腕二頭筋の運動を助けます。 肩甲骨上腕関節の安定化に寄与することに加えて、これら全ての筋肉は、肘関節の重要な安定化機能を有する。 二関節型は、独身 - 上腕関節に向かいます。 上腕二頭筋の1.長い頭 上腕三頭筋の2.長い頭 肘関節について: 上腕二頭筋 ブラキアリス 3.ブラキオラジアル 上腕三頭筋 代わりに下肢、特に脚に移動すると、その解剖学的特性のために、膝関節と足首関節の両方に影響を与える筋肉があります(脛骨 - 足根)。 これは、2つの二関節型頭部と1つのモノアルコラリアを持つsuraの上腕三頭筋です。 膝関節の二関節ヘッド: 表在筋: 1.腓腹筋(または双子) 足首関節のみ: 深い筋肉: 1.ソレウス 記述的および機能的な解剖学の概要: 上腕二頭筋は二つの端と二つの起源を持つ二関節筋である:長い頭のそれは肩甲骨上腕関節の関節窩連結の上縁のレベルにあるが、短い頭のそれは烏口突起上にある。 両方とも、肘関節の下のラジウムの近位3分

ロングサムアブダクター

親指の長い外転筋は前腕の深部後方筋の最も外側です。 それは、棘上筋の頂より遠位の尺骨の背面、骨間膜、およびラジウムの背面に由来する。 彼の挿入腱で、彼は1番目の背側手根靭帯を横切り、最初の中手骨の付け根に自分を挿入します。 腱の一部は僧帽筋に向かって続き、さらなる部分は多くの場合、親指の伸筋の短筋の腱と合併する。 その主な機能は親指の外転ですが、それはまた手の外転と手のひらの屈曲にも介入します。 それは橈骨神経(C7-C8)の深い枝によって神経支配されていて、後骨間動脈によって振りかけられています。 ORIGIN 尺骨の背面。 骨間膜; ラジウムの背面 INSERTION 最初の中手骨のベース ACTION 手の親指の外転、外転および手掌の屈曲 神経支配 橈骨神経、深枝(C7〜C8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ショートリード

短内転筋は、恥骨上部の前面の前面の内側部分と、坐骨恥骨枝の前面の上部の部分とに由来する三角形の筋肉である。 大腿骨の荒い線の内側唇の上3分の1に挿入されます。 それは長い内転筋よりも深く配置されており、その作用によって大腿部を弱く曲げたり弱めたりします。 それは腰神経叢の閉塞神経(L2-L4)の前枝によって神経支配されています。 ORIGIN 恥骨上位枝の前面および坐骨恥骨枝の前面から INSERTION 大腿骨の荒い線の内側唇 ACTION 太ももを外から内転させて回転させます。 骨盤の太ももの屈曲に参加 神経支配 腰神経栓塞子(L2-L4) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

鎖骨の起源と筋肉および靭帯の挿入

筋肉の名前をクリックすると、その解剖学的特徴が表示されます。 COSTOCLAVICOLAR BONDAGEは、烏口突起と鎖骨の間に広がっており、前内側(台形脚)と後外側(脚コノイド)に分けられます。 台形骨:烏口突起の上内側縁から始まり、鎖骨の台形線に向かって移動する CONOID BONDAGE:烏口突起の基部から発生し、鎖骨の円錐形の結節で扇形に放射します。 関連項目:鎖骨の骨折 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

股関節および大腿骨:後方視、起源および筋肉挿入

筋肉の名前をクリックすると、その解剖学的特徴が表示されます。 また見なさい:股関節および股関節の変形性関節症:手術後の筋肉強化 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ロングコネクタ

長い内転筋は、三角形の平らな筋です。 それは恥骨の上枝の前面から発生し、大腿骨の荒い線の中央3分の1に挿入されます。 表面的には大腿筋膜で覆われており、その作用により大腿部を外転して回転させ(外側に)、骨盤の大腿部屈曲にも介入することができる。 それは大腿の内転筋の最も表面的で前側です。 それは腰神経叢の閉塞神経(L2-L4)の前枝によって神経支配されています ORIGIN 恥骨上位枝の前面(結節と共生の間) INSERTION 大腿骨の荒い線の中央3分の1 ACTION 太ももを外から内転させて回転させます。 骨盤の太ももの屈曲に参加 神経支配 腰神経栓塞子(L2-L4) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

結腸の解剖学と生理学

大腸 大腸炎 過敏性腸症候群 大腸がん 大腸内視鏡検査 仮想結腸鏡検査 解剖学 結腸は、およそ1メートル半の長さの腹部領域に配置された中空器官(または腸)であり、これは回盲部の高さ、小腸の末端部から始まり、直腸および肛門管で終わる。 それはさまざまな部分で構成されています:ブラインド、上行結腸、横行結腸、下行結腸、シグマ。 結腸壁は、内側から外側に向かって、粘膜、粘膜下組織、筋肉および漿膜のいくつかの層によって形成されている。 粘膜 は、基本的に2種類の細胞から構成されています。 上皮、円筒形、水分や塩分を再吸収する機能があります。 それらは、それらの外面に、内腔(栄養素および糞便が通過する通路)を向く面、陰窩と呼ばれる一連の陥入を示し、それは吸収性表面を増加させる目的を有する。 粘液性粘液物質。これは、粘液性の粘性物質を管腔内に分泌する機能を有し、これを滑らかにし、便の通過を容易にする。 粘膜下組織 は粘膜のすぐ下に位置し、蠕動運動(直腸への糞便の進行を促進する推進性腸運動)を調節する血管、リンパ管および神経線維構造が非常に豊富です。 筋肉 は2層の筋肉組織によって形成されています:内側には横方向のコースがあり、外側には縦方向のコースがあります。 彼らは内臓に特徴的な神聖な外観を与えます。 漿膜 は腹膜とも呼ばれ、代わりに結腸全体、その他すべての腹部臓器および内臓を覆う全体的な外被

anconeus

腓腹筋は上腕骨の上顆の後面に由来し、尺骨の背面の近位4分の1に挿入されます。 その作用でそれは前腕の延長で上腕三頭筋と共同します。 尺骨を拉致して安定させる。 それは橈骨神経C7、C8によって神経支配されている。 Q 'を深部上腕動脈の中央側副枝および再発性骨間動脈から噴霧した。 DESCRIPTION ラジウムヘッドの後端に位置する三角形の筋肉 ORIGIN 上腕骨上顆の後部(背面) INSERTION 尺骨の背面の外側縁 ACTION 前腕の弱い体幹、尺骨を拉致し、それを安定させる 神経支配 橈骨神経(C7、8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

上腕二頭筋

BRACHIAL BICIPITEは、腕の前部筋肉の一部である二関節筋です。 それは2つのヘッドから成ります:1つは長いと1つは短いです。 横方向に位置する長い頭部は、肩甲骨上関節窩結節および関節窩ラブラム(したがって嚢内起源を有する)から長い円筒形の腱を通って生じる。 短い頭は烏口突起の頂点から発生します。 2つの頭部は腕の真ん中の3分の1近くの単一の筋肉腹で接合します。 この腱の内側縁から、第二の腱、表面的な、繊維状ラセルトと呼ばれるものが始まり、これは下方に拡大し、内側に抗腕腕筋膜と融合する。 上腕二頭筋は腕と前腕の主屈筋です。 その屈筋作用の有効性は、肘が80〜90°に曲げられたときに最大になります。 その二次行動は仰臥位です。 それはまた、他の筋肉と相乗的に内転(短頭部)、外転および内回転(長頭部)および腕の屈曲の動きに介入し、肩甲骨上腕関節を安定させ、それを反収束させる。 それは筋皮神経(C5-C6)によって神経支配されています。 ORIGIN 長い頭は、肩甲骨上結節からと関節唇からの腱を起源とする 短い頭は肩甲骨の烏口突起(烏口)の頂点から発生します INSERTION 長い頭は、非常に丈夫な腱で橈骨の二頭筋結節に挿入されている短い頭の上に挿入され、2番目の浅腱が尺骨側から前腕の筋膜に放射します。 ACTION 前腕は屈曲して仰向けになり、腕を屈曲し、腕の水平方向の伸展

上腕

上腕筋は上腕二頭筋よりも深く配置されています。 それは上腕骨前面の遠位半分(三角筋挿入部の下)および筋肉間中隔に由来する。 尺骨の結節と関節包で終わります。 上腕二頭筋とは対照的に、それは単関節筋であり、その作用により前腕を屈曲させる。 それは筋皮神経(C5-C6)によって神経支配されています。 ORIGIN 上腕骨の前内側面および前外側面の下半分(遠位) INSERTION 尺骨の結節について ACTION 前腕を曲げる 神経支配 NUSCLE MUSCLE CLUB(C5〜C6) 筋肉の外側部分は橈骨神経によって神経支配されている 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ハムストリング

大腿二頭筋は大腿部の後部と外側部を占め、長さ1つと短さ1つの2つの頭部で構成されています。 長い頭は半腱様筋への共通の頭と坐骨結節の上部から発生します。 短い頭は、大腿骨ラインの外側唇の中央3分の1と外側の筋肉間中隔に由来します。 2つの頭部は、腓骨の頭部、脛骨の外側顆、および脚の顔面の隣接部分に挿入される単一の腹に収斂する。 その作用で、それは脚を外側に曲げそして回転させそして大腿部を伸ばす。 それは膝関節の唯一の外部回転子であり、そして全ての内部回転子の拮抗剤である。 脚の他のすべての屈筋のように、それはまっすぐな脚と(常にまっすぐな脚で)前方への胴体の屈曲で下肢の上昇を打ち消します。 半頭筋と半膜様筋を合わせた長い頭は、ischiocruraliと呼ばれる筋肉群を構成します。 これら3つの筋肉は分かれています:起源(坐骨結節)、神経支配(脛骨神経)、双関節性と機能(大腿の屈筋と伸筋)。 それは脛骨神経(長頭)と総腓骨神経(短頭)によって神経支配されている(L4-S1)。 ORIGIN 長い頭:坐骨結節の上部 短い頭:大腿骨の外側唇と外側の筋肉間中隔からの外側唇 INSERTION 腓骨頭の茎状突起、脛骨の外側顆、および脚の顔面の隣接部分に共通の腱を有する ACTION 脚が外側に曲がって回転し、太ももが伸びる 神経支配 NIBE TIBIALE(ロングヘッド)およびNERVE

腕橈骨筋

腕橈骨筋は前腕の外側領域を占める表在筋であり、普通体重の人々にはっきりと見える。 それは上腕骨の外側顆上隆起(橈骨神経の溝の下)と外側の筋肉間中隔に由来する。 それはラジウム茎状突起の放射状面に収まります。 前腕を回内と回内の中間の位置に持ってくるのは単関節筋です。 この位置で彼は肘の強力な屈筋です。 それ故、それは前腕を訓練するための「ハンマー」グリップによるカールのような動きおよび(正中面に平行な手で)ビールのジョッキのハンドルのための持ち上げに介入する。 前腕が回外している場合、その屈筋作用は代わりに弱いです。 純粋に解剖学的な文脈から除外すると、この筋肉は特にPopeyeと呼ばれる漫画本のキャラクターで開発され、Braccio di ferro(ops ... forearm)としてイタリアで知られています! それは橈骨神経(C5-C6)によって神経支配されています。 ORIGIN 上腕骨の外側上顆頂。 外側筋肉間中隔。 INSERTION ラジウムスチロイド法のラジアル鋼 ACTION 肘を曲げ、回内と回外の中間の位置に前腕を持ってくる 神経支配 橈骨神経(C 5 -C 6) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

coracobrachialis

その名前が示すように、烏口 - 上腕筋は、肩甲骨の烏口突起の頂点から、それが上腕二頭筋の短頭と共有するという起源に由来する。 上腕骨の前内側面の中央3分の1に挿入されます。 それは、上腕三頭筋の短い頭の奥深くにあります。 それは大胸筋の外側部分と上腕二頭筋の短い頭と三角筋に関連しています。 彼の行動により、彼は腕を曲げて内転させる。 彼は上腕骨頭を自然な場所に保つように働きます。 腕の屈曲において、それは三角筋および大きな胸筋(鎖骨部)と相乗的に最初の50°の動きで作用する。 それは筋皮神経(C6-C7)によって神経支配されています。 ORIGIN 肩甲骨の烏口突起の頂点 INSERTION 上腕骨の前内側面の中央3分の1 ACTION 腕を上に上げたり、曲げたり、曲げたりする(上腕骨) 神経支配 マッスルマッスルクラブ(C6-C7) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

親指の短い体

親指の伸筋性短筋は、前腕の後部の深部筋です。 親指の長い外転筋に対して内側の位置にあり、尺骨、骨間膜、およびラジウムの背面に由来する。 彼の挿入腱で、彼は第1背側手根靭帯管を横切り、親指の近位指節骨(1a)の背側基部に挿入する。 その作用により、親指を伸ばして外転させます(親指の長い外転筋との相乗効果で)。 それは橈骨神経の深い枝(C7-T1)によって神経支配されており、橈骨動脈の表在性の手のひら枝によって振りかけられています。 ORIGIN ラジウム後面、骨間膜 INSERTION 親指の背面側基節骨 ACTION 基節骨を伸ばして親指を外転させる 神経支配 橈骨神経、深枝(C7-T1) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ボディ組織

解剖学的軸:それら は体を横切る串と比較することができます。 これらの仮想線は、回転運動が発生する軸をトレースするために使用されます。 ドアのヒンジに何が起こるかのようなもの。 ドアは軸を中心にして平面内で移動します。 平面(ドア)は、ヒンジ(軸)内のピンの向きによって決まります。 人体の主軸 縦軸 (垂直) 本体が直立位置にあるとき、それは支持台に対して垂直である。 横軸 (水平):左から右に向いており、縦軸に垂直です。 矢状軸 (前後):体の後面から前面に向いています。 この軸は他の2つの軸と垂直です。 解剖学的計画 解剖学的平面は体を通って描かれた想像上の線です。 これらの線は、体の動きや位置を客観的に記述することを可能にします。 解剖学的平面は4つありますが、考慮されるのは3つだけです。 正中面 :体の中心を通る(縦軸と矢状軸を通る)想像上の垂直面で、それを2つの等しい(左右に)半分に分割するかアンチマーに分割します。 矢状面は中央面に平行な仮想垂直面であり、必ずしも中心を通過しない。 多くの場合、これらの2つの平面は中央サジタルと呼ばれる単一の平面と見なされます。 前面 または冠状 面:前面に平行で、正中面に垂直な垂直面です(横軸と縦軸を通ります)。 体を前後に分けます。 水平面または横断 面:身体を上下半分に分割する平面です。 直立位置では水平です。 それは正中面および前

三角筋

三角筋は肩関節の外側部分を外側から覆っている。 それは3つの部分から成っています:鎖骨の部分、先端の部分および脊椎の部分。 鎖骨(前方)部分は鎖骨の前縁の外側3分の1から始まる。 先端(内側)は、先端と先端の外側縁から始まります。 脊椎の1つ(後部)は肩甲骨の脊椎の下唇に由来する 3つの部分すべてが上腕骨の三角筋結節に挿入されている 三角筋は、特に中位の梁で、上腕骨の最大90°までの最も強力な外転筋です。 90°を超えると、僧帽筋と大きな鋸歯状の筋肉の作用が働きます。 それはまた肩の前傾(前部および内側の束)および後部の逆転(後部の束)にも介入する。 それはまた前部ビーム(内部回転)および後部ビーム(外部回転+延長)の作用のおかげでアームの制限された内部および外部回転を可能にする。 それは腋窩神経によって支配されます(C4-C6) ORIGIN 鎖骨部:鎖骨の前縁の外側3分の1。 肩峰部:肩峰の頂端および側縁から 脊椎部:肩甲骨の脊椎の下唇から INSERTION 上腕骨の側面の半分(三角結節) ACTION 腕を最大90°外転させ、前部の繊維は内側に屈曲して回転し、後部の繊維は横に伸びて回転する 神経支配 腋窩神経(C4-C6)(後紐)。 鎖骨部も胸筋枝(C4-C4) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

小指用エクステンダ

小指の伸筋は前腕の後部領域の表在筋であり、指の一般的な伸筋に関連して内側に配置されている。 それは、上腕骨上顆の後面からと、腕上腕筋膜からのこの筋肉と一緒に発生します。 5番目の背側手根靭帯ダクトを渡り、5番目の中手骨レベルで共通の伸筋指腱と合流する。 そのアクションでそれは5本目の指を伸ばして、手の背屈と尺骨外転で共同作業します。 時々、この筋肉が欠如しており、これらの場合、その機能は指の一般的な伸筋によって行われます。 それは橈骨神経(C6-C8)によって神経支配されています。 それは一般的な骨間動脈からスプレーされます。 ORIGIN 一般的な指伸筋に共通:上腕骨上顆の後面からと上腕骨筋膜から INSERTION それは第5中手骨のレベルで指の共通の伸筋の腱と溶ける ACTION 5本目の指を伸ばし、手の背屈と尺骨外転で共同作業をする 神経支配 橈骨神経(C 6 -C 8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

一般的な指エクステンダ

指の一般的な伸筋は前腕の後外側部分にあります。 それは上腕骨の外側上顆の後面、外側側副靭帯、輪状橈骨靭帯、そして腕上腕筋膜から生じる表在筋です。 前腕の真ん中でそれは3つの束に分けられます:3つの最も外側は2つの腱を生み出しますが、他の2つはそれぞれ単一の腱で続きます。 四つの腱は、最初の指骨(または近位指骨)の背面に挿入され、次に3つのタブに分けられます。 正中舌は2番目の指節に固定され、外側および内側舌は2番目から5番目の指の3番目の指節に挿入されます。 その腱でそれは第4背側手根靭帯管を横切ります。 個々の腱の間には、4本目の指から始まり、3本目と5本目の指の方に向かうつながり(腱間関節)が常に存在しています。 その主な機能は、指を伸ばして拡大することです(親指を除く)。 それは手の背屈で最も効率的な筋肉であり、尺骨外転にも参加します。 それは深い橈骨神経(C6-C8)によって神経支配されています。 それは後骨間動脈からスプレーされます。 ORIGIN 上腕骨の外側上顆のFバックスチール。 側副靭帯。 リング靭帯; 上腕バンド INSERTION 近位指骨の基部。 関節包近位指節関節 ACTION 指を伸ばして大きくする。 背側で手を曲げて尺骨外転に参加する 神経支配 深部橈骨神経(C 6 -C 8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

下臼歯

後下歯状筋は、(T11-T12およびL1-L3の棘突起のレベルで)腰椎筋膜の後尖から生じる。 それは大きな背側の筋肉より深く置かれていて、それは腸腰筋、非常に長い背中、肋骨と肋間筋を覆っています。 それは最後の4つの肋骨(9日から12日の海岸)の下端と外面に4桁で挿入されます。 その作用でそれは肋骨を下げ、強制的な呼気に介入します(上部の後ろの歯を付けられた筋肉とは反対の行為)。 体幹(下背部)を横方向に伸ばして傾斜させます。 それは胸椎神経の枝(C6-C8)と肋間神経の枝(T9-T11)によって神経支配されています。 ORIGIN T11-T12およびL1-L3の棘突起レベルでの腰椎筋膜(または胸腰筋膜)の後尖 INSERTION 最後の4つの肋骨の下端そして外面の4桁 ACTION 収縮すると肋骨(呼気筋)が下がります。 体幹を横方向に伸ばし傾斜させる(下部後部) 神経支配 胸腹神経枝(C6-C8)および肋間神経枝(T9-T12) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

横隔膜:静けさの筋肉

著Dott.Luca Franzon 工学的には、建物は、一緒にいて上向きに成長するためには垂直構造を必要とするが、同時にそれを維持し安定させるためには横断構造が必要であると教えてくれる。 人体では、これらの構造は横隔膜によって表されます。 あなたはその権利を読みました。 ダイヤフラムではなくダイヤフラム。 オステオパシー分野では、実際には3つの横隔膜が考慮されています:小脳のテント(小脳を脳の後頭葉から分離する硬膜の弁)、胸部横隔膜および骨盤横隔膜(いわゆる骨盤底)。 私たちは自分自身を 、胸部横隔膜 、スポーツやフィットネスにおいて非常に重要な筋肉部分の機能を説明することに限定するつもりです。 Andrew Taylorそれでも、オステオパシーの父であり、人体解剖学の偉大な愛好家で胸部の横隔膜について説明しています:「私を通してあなたは生き、私を通してあなたは死ぬ。私には生と死の力がある 確かにStillのフレーズは絶対的な効果があり、いくつかの概念を予見し理解することができます。 横隔膜は私たちの体の基本的な部分です、そしてそれが制限から自由であるならば、それは体自体が健康であることを可能にします。 この筋肉が胚期に発達し、横隔膜ドームが頸管から始まる構造の遊走によって形成されることを知っておく必要があります(C3-C5)。 子宮頸管と横隔膜との間のこの密接な関係は、頸椎痛が横

上後歯

上後歯状筋は、鼻靭帯の下路、棘上筋靭帯、および7番目の頸椎および最初の3つの胸椎の棘突起に由来する。 第2〜5海岸の上縁と外面に4桁の腱で挿入されます。 ひし形、台形および肩甲骨のエレベーターで覆われて、それは脾臓、回盲部、非常に長い背中と肋間筋の上に表面的に立っています。 その作用により、それは下後歯状筋に関して反対の作用で肋骨(吸息筋)を上昇させる。 それは肋間神経の枝(T1-T4)と腕神経叢の枝(C5)によって神経支配されている それは第7頸椎の棘突起の頂点から発生します。 筋肉の腹は4桁に分かれていて、2番目から5番目まで肋骨の上端に固定されています。 それは海岸を持ち上げることによって働きます。 ORIGIN 鼻靭帯(下路)と棘突起からのC7、T1-T3、棘上靱帯 INSERTION 2番目、3番目、4番目、5番目の海岸の上端と外面に4桁の数字で ACTION 肋骨(吸気筋)を持ち上げます。 神経支配 肋間神経の枝(T1-T4)と腕神経叢の枝(C5) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

長い親指屈筋

親指の長い屈筋は、前腕の前外側部分の奥深くに置かれています。 それは、橈骨の前面の中央部、骨間膜の外側部、上腕骨の上膜、および尺骨の鉤状突起から生じる。 独自の腱鞘が並ぶ手根管の内側に設置します。 その腱は、親指の遠位指節骨の基部に挿入されています。 それは、最初の指(親指)の遠位指節骨を屈曲させ、中手骨および台形 - 中手骨の屈曲に寄与し、そして手首の屈曲に介入することができる。 それは口蓋骨内骨間神経と正中神経(C7-C8)によって神経支配されています。 前骨間動脈からスプレーします。 ORIGIN 橈骨の前面の中央部。 骨間膜の外側部分。 上腕骨の上皮小体。 尺骨の冠状突起。 INSERTION 親指の遠位指節骨の基部 ACTION それは、最初の指(親指)の遠位指節骨を屈曲させ、中手骨および台形 - 中手骨の屈曲に寄与し、そして手首の屈曲に介入することができる。 神経支配 手掌骨間神経。 正中神経(C7-C8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

指の表面屈筋

指の表在屈筋は、前腕の表在前層の筋肉の1つです。 それは二つの頭から始まります。 上腕骨頭は上腕骨の内側上顆および肘関節の内側側副靭帯から生じる。 尺骨頭は尺骨の鉤状突起の内側縁、ラジアムの前面からの放射状頭(斜線)に由来する。 その頭は手根管を通して共通の腱弓で集まり、前腕の半分を4つの腹で終わらせ、2番目から5番目の指の中央の指節の約半分の高さで4つの腱で終わります。 腱は2本の舌に分岐しており、そこを通って指の深い屈筋の腱が通ります。 手根管では、腱は指の深い屈筋と親指の長い屈筋の表面に沿って走ります。 二関節性で、肘関節ではこの筋肉は弱い屈筋として関与し、手根関節や近位指関節では屈筋として非常に効果的です(2番目、3番目、4番目、5番目の指の指節を屈曲させる)。 関節が最大限に曲げられると、非効率的になります。 その不足は握力と手首の屈曲の減少につながります。 それは腕の中屈神経のほとんどと同様に正中神経(C7-T1)によって神経支配されています。 尺骨動脈から噴霧されます。 ORIGIN 上腕骨頭:上腕骨の内側上顆と肘関節の内側側副靭帯の上顆 橈骨頭:尺骨の鉤状突起の内側縁 尺骨頭:橈骨の前面(斜線) INSERTION 2本目から4本目の指の中節骨の外側と内側に4本の腱がある ACTION 2番目、3番目、4番目、5番目の指の指節骨を曲げます。 肘を弱く曲げる 神経支配

指の深い屈筋

指の深い屈筋は前腕の前外側領域の奥深くに位置しています。 それは、前尺骨面の近位2/3、気管支外筋膜、骨内膜の内側部分、およびラジウムの内側縁から生じる。 前腕の真ん中で腹は4本の束に分けられ、2本目から5本目の指の遠位指骨の付け根に同数の腱が挿入されています。 それは、その腱が指の表在屈筋の腱と共通の腱鞘から並ぶ手根管を通って走る。 その腱は、指の表在屈筋の腱によって第1指節骨に作られたアイレットを通過します。 このため 穿孔筋 とも呼ばれます。 その作用により、それは指の遠位指節間指を2番目から5番目に屈曲させ(2番目から5番目の指の第3指骨を2番目から5番目の指の指節上に屈曲させる)、 2〜5本目の指の最初の指節上の5本目の指) 人差し指、輪状および小指の内転および手首の屈曲に介入する。 それは遠位指節骨を曲げることができる唯一の筋肉です。 それは口蓋骨間骨神経、正中神経(外側半分)および尺骨神経(中央内側)(C7-T1)によって神経支配されている。 それは前骨間動脈および尺骨動脈から噴霧される。 ORIGIN 近位3分の2の前尺骨前面、気管支外筋膜、骨間膜の内側部分およびラジウムの内側縁 INSERTION 2番目から5番目の指の遠位指節骨の基部 ACTION 2〜5本目の指の上の2〜5本目の指の3本目の指を読む。 2〜5本目の指の2本目の指の上に2本目〜5本目の指の2本目の

手根骨尺骨伸筋

外伸筋尺骨は前腕の後部の表在筋であり、小指に固有の伸筋に対して内側に配置されています。 それは、この筋肉と共通の伸筋指筋肉(上腕骨の後上顆および上腕骨筋膜)と共通の起源を有する。 それはまた、尺骨の後縁と肘の関節からも生じます。 その束は前腕の内側下縁に向かって斜めに向けられており、仙骨の6番目の背側靭帯を横切って5番目の中手骨の基部に達する腱を続けています。 彼の収縮により、彼は手を伸ばして装います。 その名前にもかかわらず、筋肉の主な作用は手の内転であり、その拮抗薬は親指の長い外転筋です。 それは橈骨神経と深橈骨神経(C7-C8)によって神経支配されています。 尺骨動脈から噴霧されます。 ORIGIN 一般的な伸筋腱、腱鞘部を通した尺骨の後縁、および上腕骨筋膜のおかげで上腕骨の外側上腕骨 INSERTION 第5中手骨のベース ACTION 手首を伸ばして装います 神経支配 深部橈骨神経および橈骨神経(C7-C8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

肩甲骨リフト

挙上肩甲骨は、1〜4番目の頸椎の横突起から生じる二関節筋です。 下部は胸骨筋腫で覆われていますが、下部は僧帽筋に対して深く位置しています。 それは、肩甲骨の内側角および椎骨縁の上部に挿入される。 肩甲骨を上げ、それを内側にし、それを養い、その安定化に参加する。 両側収縮の場合は首を伸ばします。 片側収縮の場合は、首を同じ側から傾けます。 強制的なインスピレーションに介入する。 それは頸神経叢と腕神経叢の細胞(C3-C5)によって神経支配されています ORIGIN C1-C4の横プロセスから INSERTION 肩甲骨の内側角と椎骨辺縁上部 ACTION Elvava、卵黄内、肩甲骨を装う 神経支配 頸神経叢および腕神経叢の枝(C3-C5) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

尺骨屈筋フレクサー

尺骨屈筋の筋肉は、上皮内筋の最も内側にあります。 上腕頭と尺骨頭の2つの頭から始まります。 2つのうち最も小さい上腕頭は、上腕骨の内側上顆の前面から、上腕骨筋膜から、そして周囲の筋肉間中隔から生じる。 尺骨頭は、尺骨の肘頭の内側縁と、尺骨の後縁の上部2/3から発生します。 それが挿入される前に、それは嫌気性拡張を通して抗気管支筋膜と接続する。 それは、腱骨に共通の腱を用いて挿入され、槌状骨上の骨靱帯靱帯および第5中手骨上の恥骨靭帯靱帯を通して続く。 それは手根管を通過しませんが、それ自身の運河を通過します。 それが撓むことで(橈骨屈筋の筋肉よりも効果的な作用で)、手を外転させて回転させます(回旋)。 それは尺骨神経(C7-T1)によって神経支配されています。 尺骨動脈から噴霧されます。 ORIGIN 上腕頭:2つのうちの最小のものは、上腕骨の内側上顆の前面、反腕膜筋膜および筋肉間中隔に由来する。後尺骨 INSERTION 魚骨状骨、フック状骨および第5中手骨 ACTION 手を外側に曲げ、内転させ、回転させます(回外) 神経支配 尺骨神経(C7-T1) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ロングサムエクステンダー

伸筋親指筋は、前腕の後部領域にある深い筋です。 親指の長い外転筋に対して内側の位置にあり、尺骨の背面の中央3分の1と骨間膜に由来する。 彼の挿入腱で、彼は3番目の背側手根靭帯管を横切り、そして親指の遠位指節骨の基部に自分自身を挿入します。 その作用で、背側ラジウム結核を支点として、それは親指を伸ばして外転させる。 それはまた背部を曲げそして手を半径方向に外転させる。 それは橈骨神経(C7-C8)の深い枝によって神経支配されていて、後骨間動脈によって振りかけられています。 ORIGIN 尺骨の第三中背側面。 骨間膜。 INSERTION 親指の遠位指節骨の基部。 ACTION 親指を伸ばして誘拐する。 背筋を曲げ、手を径方向に外転させる 神経支配 橈骨神経の深い枝(C7-C8) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

偉大な内転者

他の内転筋に関連して深く置かれて、偉大な内転筋はその底で大腿骨の荒い線の全高を占める三角形の形をした平らな筋肉です。 それは坐骨恥骨枝の前面と坐骨枝から坐骨結節までに由来する。 その大きな筋肉腹は大腿骨の内側に下がり、2つの部分に分けられます。 一方の部分はアスファルトラインの内側唇に挿入され、他方の部分は結節への腱として挿入され、内側上顆の付加物である。 筋肉の前面は、内転筋と長短が関係しています。 股関節の内転筋の間で最も深いことに加えて、それはまた最も強力です。 彼の行動により、彼は大腿部を内側に回転させます。 それは屈曲部に、そして延長部の坐骨結節から来る繊維と干渉することができる。 それは閉塞性神経とアジアのL2-S1の脛骨神経によって神経支配されています ORIGIN 坐骨恥骨枝および坐骨枝から坐骨結節までの前面 INSERTION 内側上顆の大内転筋の結節の高さまでの大まかな線の内側唇 ACTION 太ももの内側を内転させて回転させる 神経支配 アジアのL2-S1のシャッター神経と脛骨神経 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ビッグラウンド

大きな丸い筋肉は、肩甲骨の外側後縁の下部から生じる。 上腕骨の小結節(小結節または二頭筋溝とも呼ばれる)の頂上に挿入されます。 それは、上腕三頭筋の長い頭、肩甲骨下筋、および烏口上腕筋を伴う大きな背側に関連しています。 下側の縁は大きな背側および大きな円形と共に腋窩腔の後壁を形成する。 その主な行動は、上腕骨を内転化し、拡張し、そして内在させることです。 背側の顆粒筋と相乗的に作用します。 腕の回帰で重要な行動をとります。 肩甲骨上腕関節を安定させます。 それは下肩甲下神経(C5-C7)によって神経支配されています。 ORIGIN 肩甲骨背面の下隅の下半分から INSERTION 上腕骨小結節の頂上のS ACTION それは腕を引き込み、付加し、伸ばし、そして腕を上に回転させる 神経支配 下側神経筋(C5-C7) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

グレートバトック

大殿筋は最も表面的なもので、臀部の筋肉のうち66 cm 2のものです。 それは表在性臀筋膜によって覆われており、直立位置では坐骨結節を覆っている(座位では遊離している)。 その起源に関連して、2つの部分、1つは表面的なもの、もう1つは深いものとして区別することができます。 表層部分は、腸骨稜の外側唇、上後腸骨棘、胸腰筋膜(または腰椎)、仙骨の後面、および尾骨に由来する。 深部は回腸の翼、後方臀筋の背後、仙骨結紮靭帯(または仙腸骨)、および中臀筋の筋膜に由来する。 これらの多数の束は、大腿骨の大まかな線の近くに収まるように下方に収束します。 特に、その近位部分は、大腿筋膜の回腸頸管に放射状に広がる一方、遠位部分は、臀部結節(大腿骨の大まかな線の側方分岐)に挿入される。 大殿筋は、体の中で最も強力な筋肉(15cmの短縮のために34Kgm)で、最大かつもちろん最強(238Kg)です。 それは主に(50%)タイプI繊維(遅い収縮)、20%タイプIIa繊維(中間収縮速度で)および30%タイプIIb繊維(速い収縮)からなる。 。 大殿筋は厳密には姿勢筋ではなく、歩くことにはあまり関与していませんが、ランニング、クライミング、または座位からの持ち上げの場合のように股​​関節の強制伸展にのみ関与しています。 その作用により、それは大腿骨を横方向(外側)に伸張および回転させる。 挿入が異なるため、内転

大胸筋

大胸筋は、腕がぶら下がっているときは四角形、腕が完全に曲がっているときは三角の形をとる表在胸郭筋です。 鎖骨、胸骨、腹部の3つの部分に分けることができます。 鎖骨部分は、鎖骨の前縁の2/3内側から生じる。 胸骨肋骨部分は、胸骨の前面と最初の6本の肋軟骨から発生します。 直腸腹筋鞘の前尖からの腹部。 3本の束が平らになり、上に移動し、上腕骨の二頭筋溝の外側唇の横唇(上腕骨より大きな結節または結節とも呼ばれる)へと一般的な腱で挿入されます。 腹部は上腕骨の最も近位のポイントに挿入されるものです。 上腕骨を内側に追加して回転させるか、上腕骨上の固定点に到達した場合は体幹を上げます。 鎖骨束に参加して腕の約0〜50〜60°を屈曲させる(三角筋および烏口上腕筋との相乗作用で)。 腕が固定されている場合、大胸筋も強制的なインスピレーションに介入します(競技終了時にアスリートが腰に手を向けて努力を取り戻すときのように)。 それは腕神経叢の前胸部神経(C5-C8およびT1)によって神経支配されている 上部は乳腺に関連し、胸骨、肋間​​筋および小さな胸筋を覆っています。 ORIGIN 鎖骨部は、鎖骨の前縁の2/3内側から生じる 胸骨部は胸骨の前面と最初の6本の肋軟骨に由来する 直腸腹筋鞘の前尖からの腹部 INSERTION 上腕骨の二頭筋溝の外側唇(上腕骨の前大結節の頂上)に単一の腱を有する ACTI

腓腹筋または双子

腓腹筋は、足の後部の筋肉の最も表面的なものです。 それは双子と呼ばれる2つの筋肉腹によって形成されます。 内側頭部は、膝窩面から、および膝関節包の後部領域から、大腿骨の内側上顆の上に由来する。 外側外側頭部は、膝窩面からおよび膝関節関節包から、大腿骨の外側上顆の上に由来する。 その圧迫腱は、踵骨の後面の中央3分の1で、踵骨結節に挿入される踵骨(またはアキレス腱)腱を形成するヒラメ筋のそれと結合している。 その作用でそれは足を伸ばし(足底がたわむ)、それを内側に回転させ、そしてまた足の屈曲に加わる(ヒラメ筋とは異なり、二関節筋である)。 その収縮により、歩行中にかかとを持ち上げます。 双子は膝を伸ばしたときに最大の力を発揮することができますが、膝を曲げたときの効果は最小限であり、足の伸展はヒラメ筋に引き継がれます。 このため、座っている子牛は主にヒラメ筋を訓練し、子牛プレスは双子とヒラメ筋の両方を訓練します。 この概念は、あまりにも進んだシートで運転するときに明らかになります。 膝が曲がり過ぎると、腓腹筋が無効になり、ペダルボードに作用するのがより困難になります。 それは脛骨神経によって支配されます(L4-S1)。 ORIGIN 外側双生児:大腿骨の外側上顆、膝窩面、および膝関節包の後部 内側双生児:大腿骨の内側上顆、膝窩面および膝関節包の対応する部分 INSERTION 踵骨背面の中

素晴らしいバックボーン

大きな背側は人体の最大の筋肉であり、その下側と外側をその束で覆っています。 その大きいサイズは筋肉が4つの部分に分けることを可能にします:椎骨、腸骨、肋骨および肩甲骨。 椎骨部分は、腰椎筋膜からの、そして最後の6胸椎の棘突起からの後尖を通して生じる。 腸骨部分は腸骨稜の前方3分の1から発生します。 肋骨部分は10日から12日の海岸に由来する。 肩甲骨部は肩甲骨の外側縁の下隅から生じる。 それはその繊維で囲まれている大きな丸い筋肉と共に上腕骨の小結節の頂上に挿入されています。 上部は僧帽筋で覆われています。 深い顔面は仙骨部の一部に関係しており、下側の歯状突起、外側の肋間筋、そして腹部の斜位に関係しています。 その作用(固定原点)を用いて、上腕骨を内側に追加し、拡張し、そして回転させる。 上腕骨を固定点と見なすと、体幹が上がり、肋骨(吸息筋)が上がります。 両側性に作用して、それは膣を伸ばし(腰と腰を下に)、骨盤を前傾させる。 それは腕神経叢の胸背神経(C6-C8)によって神経支配されています。 DESCRIPTION 三角形の筋肉 ORIGIN 椎骨部:腰椎筋膜および最後の6胸椎の棘突起から 沿岸:10日から12日の海岸 肩甲骨部:肩甲骨の外側縁の下隅から。 INSERTION 二頭筋溝とも呼ばれる小さな上腕骨結節(内側唇)の頂上。 ACTION 上腕骨を内転、伸展および内回転させる

Gracileまたは直腸の内部

gracilis筋肉は、大腿の内側部分を占める二関節型の平らにされたリボンのような筋肉です。 それは大腿筋膜で覆われており、長くて大きな外転筋よりも深く配置されています。 それは坐骨恥骨枝の前面の恥骨結合の近くで発生します。 それは、脛骨の内側面に挿入され、その遠位腱は、半腱様筋およびザルトリウス筋のそれらと共に、表在性のガチョウの脚を構成する。 それは2つの異なる関節に作用する唯一のものと同様に、内転筋の最も内側で表面的なものです。 その作用により、それは大腿部を与えてわずかに撓ませ、膝を撓ませて脚部を撓ませて回転させる(内側に回転させる)。 それは腰神経叢の閉塞神経(L2-L4)の前枝によって神経支配されています。 ORIGIN 坐骨恥骨枝の前面 INSERTION 脛骨の内側面の上部 ACTION 太ももを少しずつ伸ばして伸ばし、足を伸ばして内側に回転させます。 神経支配 腰神経叢の開口神経(L2-L4) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

ひし形

大きな菱形筋は背中上部にあり、僧帽筋で覆われています。 それは、第1〜第4胸椎の棘突起から生じ、脊椎の下の肩甲骨の椎骨縁に挿入される。 それは小さな菱形筋と同じ機能を持っています:それは肩甲骨を胸に密着させて、それを持ち上げて、それを内側に回転させて、そしてそれを与えます。 特に弱いと、肩甲骨が胸郭から外れることがあります(翼付き肩甲骨)。 それは肩甲骨の背側神経(C4-C5)によって神経支配されています。 ORIGIN 第1〜第4胸椎の棘突起から INSERTION 脊椎下の肩甲骨の椎骨辺縁 ACTION 肩甲骨を胸部に密着させて持ち上げ、内側に回転させて与えます。 肩甲骨の持ち上げと背面にも作用 神経支配 肩甲骨の背側神経(C4-C5) 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

坐胸筋

筋肉の名前をクリックすると、その解剖学的特徴についてさらに学ぶことができます。 上肢 下肢 トランク 腹部 用品

大きい鋸歯状または鋸歯状の前面

前鋸歯状筋、または大きな歯状突起は、胸郭の外側壁にあります。 それは最初の10本の肋骨の外面から9-10桁で始まります。 それは肩甲骨の椎骨辺縁の上隅から下隅まで挿入され、この長さのためにそれは一般的に3つの部分に分割される。 第2肋骨から第4肋骨に始まり、肩甲骨の内側縁に沿って挿入される中間部分。 下肋骨は5番目から9番目または10番目の肋骨に由来し、肩甲骨の下縁に挿入されています。 その作用でそれは肋骨(吸気筋肉)を持ち上げます。 肩甲骨を外転させて外部から回転させる。 肩甲骨を胸部に付着させ(菱形筋との相乗作用)、腕の前傾に非常に重要な役割を果たします。 それは前部平面(90°から150°まで)と矢状方向平面(60°から120°まで)上の腕の高さで上下の台形梁で働きます。 特に弱いと、肩甲骨が胸郭から外れることがあります(翼付き肩甲骨)。 この機能は、ひし形の筋肉が行使する機能と相乗的です。 それは腕神経叢の長い胸部神経(C5-C7)によって神経支配されています。 ORIGIN 最初の10肋骨の外面 INSERTION 肩甲骨の椎骨辺縁全体に沿って上隅から下隅まで。 ACTION 肋骨(吸気筋肉)を持ち上げます。 肩甲骨を外転させて外部から回転させる。 肩甲骨を胸に密着させます。 肩を下げて置きます。 神経支配 腕神経叢の長期胸神経(C5-C7) 上肢 下肢 トランク 腹部 用

グレートソーサ

大腰筋は、表層部と深部に分けられます。 それはロースの四角い筋肉の前にあります。 表在部分は、最後の胸椎(T12)および最初の4つの腰椎(L1〜L4)の身体の側面および挿入された椎間板から生じる。 深部は1〜5番目の腰椎の横突起に由来する。 それは大腿骨の小さな転子の内側表面に挿入されます。 腸骨筋と結合して回盲筋を形成します。 大腰筋は太く、紡錘形で、多関節の筋肉で、大腿部が骨盤の上を曲がることを可能にします。 その作用で、大腿部は外側に回転し、それを内転させ、そしてバストの横方向の傾斜に加わります。 ORIGIN 表層部:第12胸椎および第1〜第4腰椎の本体の側面および挿入された椎間板に由来する。 深部は1番目と5番目の腰椎の沿岸突起に由来する INSERTION 大腿骨の小転子の内側表面 ACTION 太ももを骨盤の上で曲げ、それを外に出し、体幹を横に傾けます。 神経支配 腰神経叢および大腿神経(L1〜L3)の特定の枝 上肢 下肢 トランク 腹部 用品