失語症の要約:失語症の要約

失語症のまとめ

失語症の要約表を読むためにページをスクロールしなさい。

失語症 失語症:言語障害、通常は脳の病状による。 失語症は言葉と言葉の表現の両方を理解し使用する能力の変化を識別する
失語症:発生率 イタリアの失語症患者15万人

左半球の脳卒中患者の40%が罹患している

毎年2万件の新しい症例

失語症:その用語の語源と意味 文字通りの翻訳 :失語症はギリシア語、 ミューチズムを意味するから派生した

意味 :失語症患者とは、必ずしも「話すことのない人」だけでなく、「話す能力を持たずに話す人」のことです。

失語症:概要 失語症はコミュニケーションの複数の側面に影響を及ぼします:
  • ワードプロダクション
  • 単語の構造化
  • 言語の理解
  • 言葉の繰り返し
  • 単語や句を繰り返す能力
  • 概念を表現する能力、話す能力、または書く能力
失語症:原因
  • ストローク(ストローク)
  • 頭部外傷
  • 多発性硬化症
  • アルツハイマー病
  • 脳血管
  • 血管損傷
  • 出血または虚血
  • 一過性虚血
  • 脳梗塞
  • 脳炎と感染症
  • 部分てんかん発作
  • コミック片頭痛
  • 脳腫瘍
失語症:失語症に関連する疾患
  • 構音障害
  • 失行
  • 片麻痺
  • 片麻痺
  • 健忘症
  • 半盲
  • 意識喪失に関連したてんかん発作
  • 動きの変化
失語症:協会
  • ALIAS、1996年頃イタリア生まれ
  • フェデレーションA.IT.A、イタリア失語症者協会の頭字語
協会の一般的な目的 :情報を提供し、意識を高め、住民を巻き込み、代替プログラムを模索し、研究を促進し、患者と家族の間の接触を促進する。
流暢な失語症 説明 :イントネーション、リズム、アクセント、およびほぼ通常の文の長さ。 雄弁は完全に生産的ではありません。 多くの場合、患者は自分の赤字に気付いていません。
  • 伝導失調症または反復失語症
  • 異常失語症(名義健忘または健忘失語)
  • 感覚性失調またはウェルニケ失語
  • 経皮質感覚失語症
非流動性流体 説明 :言葉のイントネーションとリズムは明らかに異常で、特に遅い。 ほとんどの罹患者は、口頭による赤字が発言を拒否し、降伏することを認識しています。

分類

  • 動的失語症
  • 経皮質運動失語症
  • 経皮質性混合失語症
  • ブローカ失語症(または運動失語症)
グローバル失語症 失語症の最もひどい形:
  • 流暢でないスピーチ
  • 言葉の抑制
  • 言語理解の大きな障害
  • ターゲット:単語の作成、処理と理解
失語症のその他の分類
  • 受容体失語症
  • 受容性失語症
  • 表現型または修飾失語症
失語症:診断のポイント の容量評価:
  • 言葉の理解
  • オブジェクトの名前付け/識別
  • いくつかの単語を繰り返す
  • 綴りの遅い単語の認識
  • 書き込み
  • 新生物学
  • 音を繰り返す/模倣する
鑑別診断:失語症のためのアーヘンテスト 目的
  • 病気を確認し、失語症の種類を正確に特定する
  • 失語症の重症度を評価する
  • 標準的で正確な症候群の範囲内で罹患患者を分類し分類する
の評価
  • 自発的な言葉
  • 言葉の繰り返し
  • オブジェクトや色の指定
  • 繰り返しの言葉
  • 口頭/書面による理解
鑑別診断:失語症のトークンテスト トークンのテスト:口頭言語の理解とその変更の程度についての考えを与えます
失語症の評価のための他の診断テスト
  • 言語テスト
  • フルエンステスト
  • 皮質商の評価
  • ベントンテスト
失語症:セラピー
  • 言語療法療法
  • コミュニケーションのリハビリテーション
  • 考えのケア
  • 視覚的、触覚的、言語的刺激による学習療法
  • 言語学的アプローチ
  • 言語認知療法および語用伝達療法
  • 画像と図によるコミュニケーションリハビリテーション
失語症:治療法および臨床的証拠
  • 目標を定めた継続的なリハビリテーションは並外れた結果をもたらす
  • 良い予後には言語リハビリテーションの規則性が不可欠であると思われる
  • バイリンガル患者は比較的早く母国語を話し、コミュニケーションをとる能力を取り戻します。
  • 軽度失語症:患者は、目標とするリハビリ療法を必要とせずに、自分の語学力をすべて回復します

"12345

推奨されます

食用のカニ
2019
E505 - 炭酸鉄
2019
プラスミンと線溶
2019