症状日本脳炎

関連記事:日本脳炎

定義

日本脳炎は、 フラビウイルス属に属するウイルス (デング熱および黄熱病の原因となる病原体も属する)によって引き起こされる感染症である。

人への日本脳炎の伝染はCulex属の蚊の咬傷を通して起こり、それは渡り鳥(例えばアオサギ)や家畜(主にブタ)の血液を食べた後にウイルスの媒介動物になります。感染タンク

日本脳炎は、特に東南アジアおよび西太平洋の農村部およびその周辺地域で広まっていますが、蚊の発生に好ましい条件が存在する場合は都市部にも影響を及ぼす可能性があります。

乾いた季節の初めまでモンスーンの雨に対応して強調することで、一年中病気になる危険があります。 しかし、中国、日本、朝鮮半島の温帯地域では、感染は5月から9月にかけて大きくなっています(航空会社の活動が活発になる時期)。

最も一般的な症状と徴候*

  • 失認
  • 失行
  • 眩暈
  • 昏睡
  • 痙攣
  • 嚥下障害
  • 時間的および空間的見当識障害
  • 片麻痺
  • 無気力
  • 頭痛
  • 動きの調整の喪失
  • 背中と首の筋肉の硬さ
  • 眠気
  • 混乱状態
  • 卒倒
  • 痙性四肢麻痺
  • 四肢麻痺
  • 振戦
  • 嘔吐

さらなる指摘

ヒトでは、感染した穿刺から症状の発現までの期間は5日から15日までさまざまです。

感染症は無症候性であるか、または異なる症状(無菌性髄膜炎または未分化熱性疾患など)を引き起こすことがあります。 実際の脳炎は1000回の感染で1から20のケースで発症し、頭痛、発熱、首のこわばり、嘔吐、意識状態の変化、運動障害、痙性麻痺および昏睡を特徴とします。 時々、日本脳炎はパーキンソン症候群として、またはポリオに似た臨床像としてそれ自身を示すことができます。

日本脳炎は、被験者の約20〜30%が死亡しています。 致命的でなければ、昏睡は1〜2週間で解消できます。 生き残った人は、痙性四肢麻痺、片麻痺、嚥下困難、再発性痙攣、発話不能、重度の認知障害などの永続的な神経障害を報告することがあります。

日本脳炎は、血清検査または脳脊髄液検査で診断されます。

特別な抗ウイルス治療はありませんが、患者は症状を軽減するために集中治療を受け、感染が克服されるまで注意深くモニタリングします。

個人の保護と環境管理対策に加えて、日本脳炎は予防接種によって予防することができます。これは特に流行地域へ旅行するときに推奨されます。

推奨されます

メガコロン有毒
2019
R.Borgacciによるマルゾリーノチーズ
2019
抗けいれん薬
2019