うがい

うがい薬は、口腔およびのどの粘膜を包むことを目的として、薬用物質の水溶液を、口の底部およびのどに泡立たせることからなる治療法である。

うがい薬は、収斂剤、充血除去剤、消毒剤または局所麻酔作用を発揮するように呼ばれています。 その結果、それらの組成は、それらが意図されている動作に応じて、非常に広い範囲内で変化し得る。 例えば、のどの痛み(咽頭炎)、口内炎、口臭に対して使用されます。

製剤として意図されているうがい薬は、ある物質または薬用物質の混合物が溶解または懸濁されている液体賦形剤(ビヒクル)からなり、それに通常その官能特性を改善するための修正が加えられる。

うがい薬調製物の組成は、それらが意図される作用に従って明らかに異なる。 薬草部門では、ビヒクルは例えば注入または煎じ薬からなることができる。

これは、漢方薬で一般的に入手可能な薬を使って自宅で調理できるうがい薬の例です。

のどの刺激に対するうがい薬

マシュマロの単純な煎じ薬(10グラムの薬根 - 水1リットルあたり)は、粘液とその皮膚軟化剤の作用により、のどに刺激がある場合にうがいをするのに役立ちます。

喉の痛み(咽頭炎)、扁桃炎

オオバコ(葉)20 g
アルテア (根)20 g
アオイ科の植物(葉と花)20 g
一般的なトキシラギン(頭花)20 g
一般的な亜麻 (種子)20 g

うがい薬:2リットルの水で数分間混合物を沸騰させることによって調製された煎じ薬が使用されます。 ふたをして4時間半注入し、2〜3時間ごとにうがいをしてうがいをします。 あるいは、1リットルの水の中で大胆な薬だけを使用してください。

うがい性口臭(口臭)

ティモ(空中部品)20グラム
ミント(葉)20グラム
グリーンアニス(種)30グラム

うがい薬:スープスプーンの準備の上に沸騰したお湯のカップを注ぎ、そして次に約15分間注入するために放置しなさい。 うがいをするよりはむしろ、1日に数回口のすすぎをすることが重要です。

いつものどの痛みがある場合は、同量のセージ(葉)とアグリモニア(花盛りの上)を注入することによって得られる家庭用調剤が便利です。一日に数回。

眼の、口内炎または口のふくれ

ビストルタ(根茎)30 g
カレンデュラ(空中部品)20 g

うがい薬:2つの薬物の混合物に500mlの沸騰水を注ぐことによって調製された注入液が使用される。 うがいをするよりも、1日に数回口腔洗浄をすることが重要です。

歯肉炎歯肉炎

セージ(葉)TM 40
ラベンダー(花序)TM 20
ミント(葉)TM 40

うがい薬:小さじ1杯から2杯の調製物をコップ一杯の水に注ぐ。 うがいをするよりも、1日に数回口腔洗浄をすることが重要です。

推奨されます

メガコロン有毒
2019
R.Borgacciによるマルゾリーノチーズ
2019
抗けいれん薬
2019