大きい鋸歯状または鋸歯状の前面

前鋸歯状筋、または大きな歯状突起は、胸郭の外側壁にあります。 それは最初の10本の肋骨の外面から9-10桁で始まります。 それは肩甲骨の椎骨辺縁の上隅から下隅まで挿入され、この長さのためにそれは一般的に3つの部分に分割される。 第2肋骨から第4肋骨に始まり、肩甲骨の内側縁に沿って挿入される中間部分。 下肋骨は5番目から9番目または10番目の肋骨に由来し、肩甲骨の下縁に挿入されています。

その作用でそれは肋骨(吸気筋肉)を持ち上げます。 肩甲骨を外転させて外部から回転させる。 肩甲骨を胸部に付着させ(菱形筋との相乗作用)、腕の前傾に非常に重要な役割を果たします。 それは前部平面(90°から150°まで)と矢状方向平面(60°から120°まで)上の腕の高さで上下の台形梁で働きます。

特に弱いと、肩甲骨が胸郭から外れることがあります(翼付き肩甲骨)。 この機能は、ひし形の筋肉が行使する機能と相乗的です。

それは腕神経叢の長い胸部神経(C5-C7)によって神経支配されています。

ORIGIN

最初の10肋骨の外面

INSERTION

肩甲骨の椎骨辺縁全体に沿って上隅から下隅まで。

ACTION

肋骨(吸気筋肉)を持ち上げます。 肩甲骨を外転させて外部から回転させる。 肩甲骨を胸に密着させます。 肩を下げて置きます。

神経支配

腕神経叢の長期胸神経(C5-C7)

上肢下肢トランク腹部用品

推奨されます

100mと200mの速いレースにおける二重訓練期間化:二重期間化
2019
個別のトレーニング
2019
ポーランド症候群
2019