アービュートゥス

入門

黄色と肉質のパルプを含み、硬い塊茎で覆われた粒子の粗い表面を持つ一種の巨大なチェリーを想像してみてください。 イチゴの木 、植物園でArbutus unedoとして知られている同名の植物の果実が現れます。 話されている言語では、イチゴの木はアホウドリとしても有名です。それは、小さな木、あるいは、言い換えればブッシュで、ビルベリーと同じ家族に属する、ツツジ科です。

トリコロールの古代のシンボル、秋のイチゴの木は特徴的な三重色を帯びています。花の白、果物の赤、葉の緑は、正確にはイタリアの国旗を表しています。

用語の分析

無数の植物の名前のように、イチゴの木も古代ギリシャ語から派生しています。正確には、古来の用語はκόμαροςであり、長年にわたって、イチゴの木から派生したより多くの方言名が由来しました。

一般性

イチゴの木は非常に古代の起源を持っています。

イチゴの木は地中海マキの原産ですが、何年にもわたって北欧地域に広がり、アイルランドにまで達しています。

装飾的な特殊性を考慮すると、植物はしばしば装飾用に栽培されています。 しかしながら、果実は食用であり、そしてそれらの使用は、収れん性、そしてとりわけ尿路の消毒剤​​のおかげで、植物療法において長い間知られてきた。

植物の説明

植物の命名法では、アービュートスはArbutus unedoです:問題の植物は栽培されていると飼いならされている両方の非常に分岐した常緑の低木です。 高さは1から8メートルまでさまざまです。 イチゴの木は、鋸歯状で不規則な縁の、革のような、光沢のある、楕円形の、そして非常に大きな葉(長さ:10-12 cm、幅2-4 cm)によって特徴付けられます。

非常に特別で釣鐘形の花は吊り穂に集まっています。 私たちがすでに分析したように、花は白く、時にはピンク色で、そして非常に小さな歯を注ぎ出す、紛れもない特徴です。

ミツバチの花の葯はそれらが蜜に非常に富んでいるので彼ら自身に多くの蜂を引き付ける:問題は蜂がいつも活発ではない10月から11月の間の開花の期間によって表される。 しかしながら、得られた蜂蜜は微妙な味わいを持ち、特に苦味がある。

アルブタス植物は同時に花を咲かせ実を結ぶ:この自然の冗談は前のヴィンテージの花に由来するという事実によって説明される[ 漢方薬および植物療法のDizionario ragionatoから、A. Bruni、 M。Nicolettiによって]。

赤くて大きなチェリーのような果実は黄色い肉と結核の表面を持っています。

化学分析および特性

イチゴの木は、かなり一貫した量を構成するタンニンに起因するものが多数あります。この点で、イチゴの木は尿路の消毒剤​​として植物療法に使用されています。 この抽出物はアルブチン、ハイドロキノングルコシドも特徴としています。ハイドロキノングルコシドは一般に膀胱炎と尿の炎症の治療に最適です。 しかし、アルブスのアルブチン含有量は、クマのそれと比較して、明らかに低くなっています。

ごく最近になって、いくつかの成分がイチゴの木から単離されました:イリドイドガルデノシドとアスペルロシド。

イチゴの木から抽出されたフィトコンプレックスは、消毒性、強い収斂性、利尿作用を備えています。 植物療法では、腸炎の場合には、点滴剤の形のアービュタスの使用が推奨されます。 前立腺および尿道の罹患における母親のチンキ剤の使用は一般的に認められている。実際、アルブタスの母親のチンキ剤は、尿道炎を引き起こす事象の連鎖を妨げることができ、したがって尿道粘膜の修復を促進すると思われる。

服用量を超えないようにすることが不可欠です。アービュタスとそれをベースにした製品を不当に使用すると、胃腸レベルに損傷を与える可能性があります。 すべてのハーブ製品と同様に、イチゴの木も薬と相互作用することができます。この点に関して、どの薬理学的物質が服用されているかを医師または薬草師に教えることが賢明です。

概要

いちごの木:概念を直すために…

イチゴの木:命名法 一般名:arbutus、アホウドリ

植物名: アルブタスウネド

イチゴの木:用語の起源 "Corbezzolo"は古代ギリシャ語(κόμαρος)から派生したもので、長年にわたってさまざまな方言のニックネームが由来した用語です。
イチゴの木:象徴 イチゴの木→トリコロール:白い花、緑の葉と赤い果実
イチゴの木:フルーツ 黄色い果肉と硬い塊茎で覆われた粒子の粗い表面を持つ巨大なチェリーと同等
イチゴの木:一般的な文字 産地:地中海マキ

現在のスプレッド:北部地域、アイルランド

用途:観賞用、装飾用、食品、生薬

イチゴの木:植物の説明
  • 植物名: アルブスタスウネド
  • 家族:ツツジ
  • 簡単な説明:栽培と熟成の両方で、非常に枝分かれした常緑低木
  • 高さ:1-8メートル
  • 花:非常に特別で釣鐘形の穂形に集まった形。 白またはロゼ
  • 花葯:蜜が非常に豊富
  • 開花:10月と11月
  • 開花と結実:同時に行われる(果実は前年の花から由来)
イチゴの木:成分の化学分析 タンニン

アルブチン(ヒドロキノングルコシド)

イリドイド:gardenosideとasperuloside

イチゴの木:薬効成分
  • 尿路消毒剤
  • 膀胱炎と尿路炎に対する自然療法
  • 消毒剤、強い収斂性および利尿作用
  • 腸炎の場合におすすめ
  • イチゴの木の母親のチンキ剤:前立腺および尿道の愛情に役立つ
イチゴの木:禁忌 乱用→胃腸障害

薬物相互作用の可能性

推奨されます

METOCAL® - 炭酸カルシウム
2019
柔軟性を高めるための演習
2019
どうして痒みが殺人治療後も残るのでしょうか。
2019