虚血性心疾患の概要

Stefano Casali博士による

定義

病因が異なる疾患のスペクトル。統一的な病態生理学的因子は、代謝要求と心筋への酸素供給との間の不均衡によって表される。

この不均衡は、患部の電気的活動と収縮能力の変化を引き起こします。

特有の要素

  • 病変の虚血性
  • 変更の分節性
  • 心筋障害の臨床的表現性

臨床症状

  • 一次心停止:蘇生操作がない場合、または蘇生法が無効である場合、突然死に向かって急速に進展する。
  • 狭心症:それは、心筋要求と代謝摂取との間の一時的な不均衡に関連しています。 虚血は可逆的であり、永久的な解剖学的損傷を引き起こさない。 心筋虚血が症状と関連していない非まれな症例では、それはサイレント虚血と呼ばれる。
  • 心筋梗塞:それは長期にわたる心筋虚血を引き起こし、それは不可逆的な細胞損傷または心筋壊死を引き起こす。
  • 心不全:それは急性または以前の梗塞の合併症として現れる可能性があります、または一過性の心筋虚血または不整脈のエピソードによって引き起こされる可能性があります。 虚血性心疾患の臨床的および/または心電図的徴候がない場合、診断は常に推定される。
  • 不整脈:それらは虚血性心疾患の唯一の徴候かもしれません。 この場合、信頼できる心筋虚血または冠状動脈造影法が閉塞性冠状動脈疾患を示さない限り、診断は推定にすぎない。

疫学

  • イタリアでは、心血管疾患が世界全体の死亡率の45〜50%を占めています。
  • 虚血性心疾患だけでも、循環器系疾患による死亡の35%を占めます。
  • 虚血性心疾患の典型的な形態(狭心症、心臓発作および突然死)の年間死亡率は、7万〜8万人のケースであると推定されている。
  • したがって、イタリアでは、約100万人が最も典型的な形で虚血性心疾患を患っています。

原因

冠状動脈硬化症は、虚血性心疾患のはるかに最も多い原因であり、そして実用的な観点から、それは唯一の原因と考えることができる。

過去25年間に渡って行われた数多くの疫学的研究により、私たちはより大きな病気のリスクに関連するいくつかの個々の変数を特定することができました。 これらの変数は冠状動脈危険因子と呼ばれています。

冠状動脈危険因子:

変更不可能なリスク要因:

  • 年齢。
  • セックス。
  • 遺伝的要因とCIの慣れ
  • 心血管疾患の個人歴

部分的に変更可能なリスク要因:

  • 動脈性高血圧
  • 真性糖尿病
  • 高コレステロール血症。
  • 低HDLコレステロール
  • 肥満

変更可能な危険因子:

  • 喫煙。
  • アルコール乱用

心筋代謝

基本状態では、心臓は組織100g当たり約6.5〜10ml /分の酸素を消費する。 この支出は役立ちます:

  • 電気活動の3〜5%。
  • 細胞の完全性を維持するために20%。
  • 契約作業のための72-75%。

心筋レベルでは、O 2の高抽出率(約70%)のために、酸素要求量が増加した場合の唯一の補償メカニズムは、冠状動脈血流の比例的増加によって表され、これは細動脈冠状動脈領域の血管拡張によって決定される。抵抗器)。

代謝刺激に続発する血管拡張の最大容量は冠状動脈硬化症と呼ばれます。

冠循環を調節する要因

  • 解剖学的構造:( Valsalva洞の起源、左心室の壁の厚さ、側副血行路の存在)。
  • 力学:(全身流速、血管抵抗、収縮期圧迫、筋反射、血液粘度)。
  • 神経原:(アルファ受容体、ベータ2受容体、迷走神経作用)。
  • 代謝: (pO2、pH、K +、アデノシン、プロスタグランジン)。

推奨されます

尾骨
2019
嚢胞性線維症
2019
子宮出血
2019