ミコナゾール

ミコナゾールはアゾールタイプの抗真菌(または抗真菌)薬です。 それは主に皮膚真菌症および膣真菌症の治療に使用されますが、咽頭真菌症、口腔および胃腸真菌症に対しても使用されます。

ミコナゾール - 化学構造

実際、ミコナゾールは、皮膚投与、膣投与および経口投与に適した医薬製剤で入手可能である。

適応症

何を使うのか

ミコナゾールの使用は、

  • グラム陽性重感染(膣内投与)がある場合でも、外陰膣カンジダ症の局所治療。
  • グラム陽性重感染症の存在下でも、皮膚糸状菌またはカンジダによって引き起こされる皮膚および爪の真菌感染症の治療(皮膚投与)。
  • 口腔咽頭カンジダ症の治療(この場合、使用されるミコナゾールは粘膜付着性錠剤または経口ゲルの形態であろう)。
  • 消化管カンジダ症の治療(経口投与)

警告

- 皮膚または膣からのミコナゾール治療後 - 過敏症反応または刺激が現れた場合は、その薬物による治療を直ちに中止する必要があります。

膣用ミコナゾールはラテックスベースの避妊薬の有効性を変える可能性があります。

ミコナゾールは機械の運転や使用に影響を与えません。

相互作用

起こり得る相互作用の可能性があるため、ミコナゾールと以下の薬物の併用摂取は避けるべきです。

  • ワルファリンなどの経口抗凝固薬
  • 経口血糖降下薬
  • フェニトイン 、抗てんかん薬。
  • シサプリド 、胃腸運動を促進することができる薬。
  • ピモジド 、抗精神病薬。
  • 麦角アルカロイド 、例えばエルゴタミンまたはジヒドロエルゴタミン、片頭痛の治療に使用される薬。
  • ベンゾジアゼピン
  • 例えばビンクリスチンまたはドセタキセルなどのいくつかの抗癌剤
  • シクロスポリンタクロリムスおよびシロリムス 、免疫抑制薬。
  • HIVの治療に使用されるサキナビルおよび他の抗ウイルス薬。
  • カルシウムチャネルを遮断することができるベラパミルおよび他の薬。

いずれにせよ、あなたが服用しているのか、最近服用しているのかを、処方箋のない薬やハーブやホメオパシーの製品を含む、どんな種類の薬でも扱っているかどうかを医師に知らせる必要があります。

副作用

すべての患者がそれらを経験するわけではありませんが、ミコナゾールはさまざまな副作用を引き起こす可能性があります。 これは一人一人が薬に対して持っている感度に依存します。 したがって、有害作用がすべての個人で同じ強度で起こるとは言われていません。

ミコナゾール療法中に発生する可能性がある主な副作用は以下のとおりです。

膣真菌症の治療のためのミコナゾールの投与後に発生する可能性がある副作用

膣内経路によるミコナゾールの投与に続いて、以下のような副作用が起こる可能性があります。

  • 発赤および/または膣の炎症。
  • 膣膣部の不快感。
  • 生殖器のかゆみや焼け。

以下のいずれかの副作用が発生した場合は、ミコナゾールによる治療を直ちに中止し、医師に直ちに知らせる必要があります。

  • 皮膚の発疹
  • じんましん;
  • 腹痛
  • 頭痛;
  • 膣分泌物。

皮膚や爪の真菌感染症の治療のためのミコナゾールの投与後に発生する可能性がある副作用

皮膚を介したミコナゾールの使用に続いて、以下のような副作用が起こる可能性があります。

  • 薬が投与された場所の発赤、刺激、灼熱感および/またはかゆみ。
  • 敏感な人には、さらに深刻なアレルギー反応があります。
  • 血管性浮腫;
  • じんましん;
  • 皮膚の発疹
  • 接触性皮膚炎
  • 紅斑;
  • かゆみ。

口腔咽頭および胃腸真菌症の治療のためのミコナゾールの投与後に起こりうる副作用

口腔ゲルの形態のミコナゾールを口腔咽頭真菌症の治療に適用すると、次のような望ましくない作用が起こる可能性があります。

  • 敏感な被験者におけるアレルギー反応。
  • 血管性浮腫;
  • 吐き気や嘔吐。
  • 口渇。
  • 下痢;
  • 頭痛;
  • 皮膚の発疹
  • 舌の変色

一方、粘膜付着性錠剤を使用すると、次のような望ましくない影響があります。

  • 吐き気や嘔吐。
  • 下痢;
  • 腹痛
  • 口渇。
  • 歯肉の痛み、刺激またはかゆみ。
  • 舌の痛み
  • 口の潰瘍。
  • 鼻やのどの感染症。
  • かゆみ;
  • 発疹;
  • 味覚の変化
  • 頭痛;
  • 疲労;
  • ほてります。

胃腸真菌症の治療においてミコナゾールを経口投与すると、代わりに、悪心、下痢、頭痛および発疹が起こることがあります。

オーバードーズ

あなたが過量のミコナゾールを服用したと思われる場合、または誤って皮膚科学的または膣内使用のためにミコナゾールを摂取した場合は、直ちに医師に連絡し、最寄りの病院に連絡してください。

アクション機構

ミコナゾールは、エルゴステロールの合成を妨げることによって作用するアゾール型の抗真菌剤です。

エルゴステロールは、真菌細胞の原形質膜を形成するステロールです。

ミコナゾールは、前述のエルゴステロール:14α-デメチラーゼの合成の重要な酵素のうちの1つを阻害することができる。 この酵素を阻害すると、真菌細胞内にエルゴステロール前駆体が蓄積する。

エルゴステロール前駆体は、それらが細胞内で高すぎるレベルに達すると、同じ細胞に対して毒性になり、細胞膜の透過性の変化およびそれに含まれるタンパク質の機能の変化を引き起こす。

真菌細胞は、このように特定の死を非難しています。

使用方法 - ポソロジー

上記のように、ミコナゾールは、皮膚投与、膣投与および経口投与に適した種々の医薬製剤の形態で入手可能である。

ミコナゾールによる治療中は、使用する薬物の量と治療自体の期間の両方に関して、医師から提供された指示に従うことが非常に重要です。

以下に、治療に通常使用される薬物の投与量に関するいくつかの指示を与える。

外陰膣カンジダ症の治療

外陰膣カンジダ症の治療のために、ミコナゾールは、胚珠、膣軟カプセル剤、膣クリーム剤および膣液として入手可能である。

膣クリームを使用する場合は、就寝前の夕方に少なくとも10日間は塗布することをお勧めします。

卵を使用する場合は、就寝前の少なくとも2週間、夕方に卵を使用することをお勧めします。

ただし、ソフトカプセルを使用する場合は、毎晩2〜3日間、1カプセルを使用することをお勧めします。

皮膚や爪の真菌感染症の治療

皮膚真菌症および爪真菌症の治療のために、ミコナゾールはクリーム、皮膚用溶液、スキンパウダー、スキンスプレーおよび皮膚用ミルクの形態で入手可能である。

クリーム、スキンスプレー、またはミコナゾールベースのスキンパウダーを使用する場合は、医師の処方箋に従って、1日2回、2〜6週間、患部に塗布することをお勧めします。

皮膚科用ミルクを使用する場合は、患部に1日に1〜2回、2〜5週間の間適用することをお勧めします。

皮膚用溶液は爪の真菌症の治療に用いられる。 1日に1〜2回、感染した爪に溶液を塗ることをお勧めします。 爪が完全に癒されて再生するまで、治療を続けなければならず、最長3ヶ月続くことがあります。

皮膚科用のミコナゾールは、新生児や12歳未満の子供には使用しないでください。

口腔咽頭および胃腸真菌症の治療

口腔咽頭の真菌症(口内炎やツグミなど)の治療のために、ミコナゾールは粘膜付着性の口腔錠および経口ゲルとして利用可能です。

粘膜付着性口腔錠を使用する場合は、医師の指示に従って、ガムに錠剤を塗布することをお勧めします。 錠剤を噛んだり飲み込んだりしないでください。 誤って飲み込んだ場合は、コップ一杯の水を飲むことをお勧めします。

経口ゲルを使用するときは、医師の指示に従って、患部に1日3〜4回ゲルを塗布することをお勧めします。 真菌症の症状が消えてから少なくとも1週間は治療を続けるべきです。

胃腸真菌症の治療のために、ミコナゾールは経口投与される錠剤として利用可能である。 医師の指示によると、1日当たり500-1000mgの薬を服用することをお勧めします。

さらに、経口使用のための錠剤はまた、口腔咽頭の真菌症を処置するために使用され得る。 しかしこの場合、錠剤は飲み込まれるべきではなく、口の中でゆっくり溶解されるべきです。

妊娠と授乳

ミコナゾールは妊娠中の女性や授乳中の母親に絶対に必要と思われる場合にのみ使用してください。

いずれにせよ、妊娠中の女性や授乳中の母親は、あらゆる種類の薬を服用する前に、必ず医師の診察を受けるべきです。

禁忌

以下の場合、ミコナゾールの使用は禁忌です。

  • ミコナゾール自体に対する既知の過敏症を有する患者において。
  • 肝疾患患者(ミコナゾールを経口投与するか、口腔粘膜に塗布する場合)
  • 経口抗凝固薬、経口血糖降下薬、麦角アルカロイド、ピモジド、フェニトインまたはシサプリドをすでに服用している患者。

推奨されます

METOCAL® - 炭酸カルシウム
2019
柔軟性を高めるための演習
2019
どうして痒みが殺人治療後も残るのでしょうか。
2019