肥満細胞

一般性

肥満細胞 、または肥満細胞は 、様々な形態の免疫細胞であり、場合によっては円形または楕円形であり、他の場合には分岐している。 肥満細胞内の細胞質には、ヘパリンとヒスタミンが豊富な顆粒があります。

これらの顆粒の存在により、肥満細胞は好酸球、好塩基球および好中球と共に多形性有核顆粒球と呼ばれる細胞のカテゴリーにも分類される。 ヘパリンとヒスタミンは肥満細胞自身によって産生され、正確なシグナルの後に外部に放出されます。

特定の染料との特定の親和性のおかげで、顆粒の含有量は顕微鏡下でのそれらの可視化のために利用される:それらは赤紫色に見える。 肥満細胞は、結合組織の中にあり、緩い原線維型です。

起源

Paul Ehrlichが発見した、肥満細胞は造血中の骨髄に由来します。 造血(または造血)は、血液中に存在するすべての種類の細胞が形成され成熟する過程です。 この用語は、ギリシャ語の「 αίμα」 (血液を意味する)と「 ποιὲω」 (創造を意味する)のに由来しています。

それらの類似性のために、肥満細胞は好塩基球と長い間混同されていた。

ローカリゼーション

結合組織は、上皮組織、筋肉組織、神経組織と共に、体の4つの基本的な組織のうちの1つです。

肥満細胞のいくつかの特性と機能をよりよく理解するために結合組織の構造を覚えておくことは有用です。 この生地:

  • マクロファージ、線維芽細胞、形質細胞、白血球、肥満細胞、未分化細胞、脂肪細胞、軟骨細胞、骨細胞など、さまざまな種類の細胞で構成されています。
  • それは、 細胞間材料(またはマトリックス)と呼ばれる特定の成分を有する:それは不溶性タンパク質繊維 (コラーゲン、網状および弾性)およびコロイド状およびムコ多糖類タイプの基本的物質 、または非晶質からなる。 血液と結合細胞の間でガスと栄養素の交換が行われます。
  • それは主に2つの機能を実行します:機械的および栄養的。 力学とは、この組織が体内で保証している支持、足場および結合の作用を意味します。 一方、 栄養機能 (ギリシャ語から)では、栄養素の交換が行われる血管、毛細血管およびリンパ管の存在をもたらします。

肥満細胞は、主に緩い原線維結合組織の血管とリンパ管の近くに集中しています。 さらに、気道および消化管の粘膜にも多数の肥満細胞が存在します。

顆粒の細胞診と機能 炎症

肥満細胞の直径は約20〜30 µmです。 それらの中で、ミトコンドリアは数が少なく、サイズが小さい。 ゴルジ体はよく区別されています。 後者から、ヘパリンおよびヒスタミンを含有する顆粒 (直径0.3〜0.8μm)が由来する。 さらに、アラキドン酸の貯蔵量を含む脂質滴 、または脂質体もあります。

細い膜で区切られた顆粒は非常に多数あり、したがってぎゅうぎゅう詰めにされているので、場合によっては肥満細胞の核も覆っている。 顆粒含有量、特にヘパリンは、トルイジンブルーのような特定の塩基性染料に対して親和性を有し、それは肥満細胞の顕微鏡下での可視化を可能にする。

肥満細胞の顆粒の含有量は、非常に正確なシグナルの後に細胞外に放出されます。 このプロセスは肥満細胞の脱顆粒と呼ばれます。

  • ヘパリンは、抗凝固作用を持つ二酸化硫黄ムコ多糖です。 緩い結合組織の血管の近くの肥満細胞は、毛細血管から逃げた血漿タンパク質の凝固を避けるためにヘパリンを放出する。 言い換えれば、不適切な凝固プロセスが発生していないことを監視および確認します。
  • 一方、 ヒスタミンは血管作用薬、または血管拡張薬です。 したがって、ヒスタミン脱顆粒は、隣接血管における血管透過性の増加をもたらす。

    ヒスタミンの放出は、肥満細胞の炎症過程における役割に関連しています。実際、炎症状態が起こるとすぐに、肥満細胞はヒスタミン脱顆粒を行います。 血管透過性の増加は、病原体(感染症)または抗原を攻撃するための他の免疫細胞(好酸球、好中球、単球、Tリンパ球)および血小板の流入を促進する目的を有する。

しかしながら、非常に素因のある被験者では、肥満細胞の大量の脱顆粒がアナフィラキシー反応と呼ばれる誇張されたアレルギー型反応を引き起こすことが起こるかもしれません。 この場合、 アナフィラキシー脱顆粒について話します。 影響を受ける被験者は、次のようなさまざまな症状があります。

  • かゆみ
  • 呼吸困難
  • じんましん
  • 窒息感
  • 低血圧
  • 卒倒
  • 眩暈
  • 多尿
  • 動悸

病理学的に考えられるこの状況は、肥満細胞がそれらの膜上にIgE免疫グロブリン(または再結合)を有し、それが抗原(この場合はそれはアレルゲンである)と接触して放出を引き起こすために起こる。制御されていないヒスタミン

肥満細胞膜上のIgEの「異常な」存在は偶然ではありません。それらは、素因となる生物によるアレルゲンへの最初の曝露の後にのみ膜上に存在します。 この場合、肥満細胞の抗原に対する感作について説明します。 言い換えれば、次のような状況が発生します。通常よりも受容性が高い個人が特定のアレルゲンと初めて接触すると、免疫応答は特定のIgEの過剰産生からなります。 アレルゲンへの最初の曝露が尽きると、後者に感受性のIgEが肥満細胞の原形質膜に固定される。 同じ抗原への2回目の曝露時には、すでに調製されているIgEがヒスタミンの制御されない脱顆粒を誘発します。 このプロセスはアナフィラキシー過敏症と定義されており、炎症/アレルギー反応の1つです。

アナフィラキシー反応の場合、抗ヒスタミン薬が投与されるのはこのためです。

肥満細胞と炎症:全体像

炎症過程における肥満細胞の役割に関するこの概説を完成するためには、現場では他の主人公が介入すると言わなければなりません。

  • アラキドン酸を含む脂質体。
  • インターロイキン。
  • 走化性因子
  • 一酸化窒素

肥満細胞の脂質体に含まれるアラキドン酸は、プロスタグランジン、トロンボキサンおよびロイコトリエンなどの炎症過程に関与する多数の物質の前駆体です。 肥満細胞では、脱顆粒以外に抗原に対する免疫反応が引き起こされると、 ロイコトリエンも産生され、その影響は次のとおりです。

  • 血管透過性の向上
  • 平滑筋収縮

したがって、ロイコトリエンは化学伝達物質として作用し、抗原との闘いにおいてヒスタミンによって行われる作用を支持する。

インターロイキンおよび走化性因子は、炎症過程の調節に関与する他の細胞の活性を調節する。 特に、 走化性は、 化学物質に対する可動細胞(好中球、好塩基球、好酸球およびリンパ球など)の誘引が起こる過程を指す。 したがって、肥満細胞による走化性因子の放出は他の免疫細胞を思い出させる。

最後に、 一酸化窒素は、NOS、一酸化窒素シンターゼと呼ばれる酵素系によって肥満細胞によって産生される別の内因性メディエータである。 外部に放出されて、このガスは血管拡張作用を持ちます。

しかしながら、ヒスタミンと同様に、肥満細胞起源のこれらの他の要素でさえも、特定の個体においては抗原に対する異常な応答を決定することがある。 例えば、喘息の危機においては、肥満細胞に含まれるいくつかのロイコトリエンによって誘発される平滑筋の大規模な収縮であり、これが気管支収縮を誘発して典型的な症状を誘発する。

推奨されます

陰嚢レベルで明白な拡張した静脈 - 原因と症状
2019
プロテアーゼまたはペプチダーゼ
2019
花粉アレルギー - 予防接種と免疫療法
2019